WWDC2019

 

久しぶりのMacネタになります(^^ゞ

少し前になりましたが、アメリカで、6月3日(現地時間)に

World Wide Developers Conference(WWDC)2019」が開催されましたね(^^)

 

WWDCは世界中のアップル関連製品の開発者を集めたカンファレンスで、

本来開発者に向けてアップルの技術的な指針を示す会議ですが、

アップルが参加する(主催する)カンファレンスということもあり、

毎年新商品や新OSの登場が期待され注目を集めています。

 

昨年はハードウェアの発表がなかったものの、

新機能満載の発表だった記憶がありますが、

今年は待望の新機種や意外なOSの発表など盛りだくさんでした。

主なところでは

 

・tvOS 13(2019年秋に提供予定)

 

・watchOS 6(2019年秋に提供予定)

 

・iOS 13(2019年秋に提供予定)

 

・iPadOS(2019年秋に提供予定)

 

・Mac Pro(2019年秋に発売予定)

 

・Pro Display XDR(2019年秋に発売予定)

 

・macOS Catalina(2019年秋に提供予定)

 

などなど……

 

 

その中で気になったところをタケムラ目線取り上げてみると……

 

 

・iOS 13

 

黒を基調とした「ダークモード」の実装は、

単に見栄えが良くなるだけでなく、暗い場所でiPhoneを見るときなどは、

眩しさが軽減されるだけにうれしいところでしょうか。

特に有機ディスプレイを搭載するiPhoneXやXS、XSMaxなどは

ディスプレイの仕組み上ダークモードの効果をより体感できることでしょう。

その他、約8割充電で停止するなどバッテリーの充電制御や、

アプリからの個人情報アクセス制御なども実装されているそうです。

タケムラが保有するのはiPhone7ですが、早く見てみたいところ。

 

 

・iPadOS

 

知る限り事前の発表予想にはありませんでしたが、

iPad専用のOSということで、

これまでのiOSとは別の道を歩むことになりそうです。

ベースはiOS13とのことですが、

画面の広いiPadを活かした複数アプリを並べるなど、

マルチウィンドウ表示にも対応するようです。

新しいiPadをお持ちの方や特にiPadProをお持ちの方は

重宝されるのではないでしょうか?

 

 

・macOS Catalina

 

バージョンとしては10.15になるmacOS Catalina(カタリナ)は、

iPadOS実装のiPadがサブディスプレイ表示できる

「Sidecar」と呼ばれる機能を装備しています。

また、iTunesアプリは

Catalina上では「Apple Music」「Apple Podcast」「Apple TV」に分割され、

それぞれの機能が特化されるとのこと。

iPhoneのバックアップはFinderで行うようです。

MacでのiPhoneバックアップは欠かせないタケムラだけに

この発表はもう少し様子を見たいところです。

 

 

・MacPro

 

タワー型に変更されたMacProは、約6年ぶりのフルモデルチェンジ。

本体上部に取っ手を備えるなど、かつてのアルミ筐体のタワー型を彷彿させます。

CPUは最高で28コアのインテルXeonを搭載可能

RAMは最大1.5TB

拡張用のPCI Expressスロットは最大8枚まで

価格は5,999ドルからとこちらもプロスペック。

フル装備で後述のPro Display XDRとセットだと約50,000ドル(約540万円)と

高級車が買える金額にまで跳ね上がります。ワオ!

前後の空気口を見て大根おろしなんて揶揄されたりもしますが、

このスペックを稼働させるためには必要な冷却システムみたいですね。

新しいMacProはメモリやストレージ、PCIスロットへのアクセス等も容易で、

PCを自身でスペックアップしたい方には朗報な機種ですね。

ただし電源は1,400Wとのことで、

通常のコンセントからテーブルタップなどで

PCや周辺機器を接続されている方にとっては、

別電源を用意するなどしないと

すぐにブレーカーが落ちてしまいそうな気がします。

 

 

・Pro Display XDR

 

Retinaディスプレイ搭載で

画面サイズは32インチながら、解像度は6,016×3,384ドット!

コントラスト比は1,000,000:1で、輝度は1,600nit(ピーク時)

HDRをさらに拡張した「Extreme Dynamic Range」が表現可能と言われています。

価格は4,999ドル。

カラーモードがAdobeRGBまで対応しているのかは

記載がないのでわかりませんが、

このモニタのパフォーマンスを余すことなく発揮できるのは、

今のところは2019年秋発表予定のMacProだけなのでしょうね。

実機を早く見てみたいところです。

 

 

個人的には、Catalinaでは

iTunesが3つのアプリに分割されるのが気になるところですが、

もともとiTunesは当初Macの音楽データをiPodに同期させるためのアプリでした。

登場から約18年、その間iPhoneやiPadの出現、

iTunes StoreやApp Stoer、Apple Musicなどのサービスもあり、

いろいろな機能を付加されながらiTunesアプリが続いていたので、

役割を整理する意味でもいい機会なのかなと思います。

Mac上で追加した音楽を「Apple Music」がiPhoneに反映してくれるのかは

気になるところですが、これは今年の秋に登場してからのお楽しみですね。

その頃には多分新型iPhoneも発表されていると思うので、

今から待ち遠しいタケムラです(^^)

 

 【参考リンク】

● WWDC - Apple Developer

 

  • 投稿者:
  •  日時:
  •  カテゴリ: