片艶クラフト 103kg

 

 

 

 いつも「印刷の通販®」デパートのグラフィックを

ご利用いただきありがとうございます!

 

今回は9月20日より新しく追加された

片艶クラフト103kg』について

ご紹介してみたいと思います♪

紙の紹介が続いてなんだかうれしい(^^)

 

片面が艶面となっている「片艶クラフト」は、

紙袋や包装用紙によく使われることでもおなじみで、

これまでにも当社での取り扱いがございます。

その中で、今回追加する『片艶クラフト103kg』は、

「片艶クラフト」一番厚手の紙となります。

 

ちなみに、片面が艶面となるこの紙は、

抄紙工程(紙を作る工程)で、

鏡面加工された「ヤンキードライヤー」と呼ばれる

ドライヤーパート(乾燥工程)のロールを通り、

貼り付けて乾燥させることで片面に艶を帯びる片艶紙が出来上がります。

 

艶がつけられる理由は、片面の印刷適性を上げるためで、

包装紙の印刷で片艶の紙を使うとき、通常は艶のある面に行います。

そして反対面のザラ面は、包装紙としては内側になるのが一般的です。

ただ、艶のない反対面のザラザラ感を生かし、

敢えてザラ面を包装紙の表として

印刷をされるデザインもたまに見かけます。

「片艶クラフト」自身が非塗工紙なので、

ザラ面は艶面よりも色はさらに沈んでしまいますが、

色数を抑えたシンプルなデザインをされることで、

和紙っぽいザラ面の特徴を生かした、

落ち着いたデザインの包装紙やなぁと見入った記憶があります(^^ゞ

デザインの一例ということで、ご参考になれば幸いです(^^)

 

グラフィックの「片艶クラフト」は、

今回の『片艶クラフト103kg』がラインナップされることで、

斤量は《43kg》《51.5kg》《60kg》《69kg》《86kg》《103kg》(※)

バリエーションが増えました。

豊富なバリエーションの「片艶クラフト」と併せて

是非ご利用ください。

 

皆さまのご利用、心よりお待ちしております(・∀・)

 

 

=紙種メモ=

 

・用紙名:片艶クラフト紙103kg

・塗工の有無:非塗工紙

・紙表面の所感:片面が艶で裏面がザラッと和紙のような風合い。

・表裏差:あり

・紙白:やや生成り

・その他:印刷は艶面が適している

・当社商品対応状況:チラシ・フライヤー印刷、ポスター印刷

 

※.表記の斤量は、いずれも四六判換算です。

  • 投稿者:
  •  日時:
  •  カテゴリ: