レザック66 白

 

 

 

 

いつも「印刷の通販®」デパートのグラフィックを

ご利用いただきありがとうございます!

 

今回は8月より追加された紙種のうち

新しく導入した『レザック66』について

ご紹介してみたいと思います♪

久しぶりの紙種紹介で楽しみ半分緊張半分(^^ゞ

 

古くから印刷デザインなどに関わっておられる方だったり、

若いデザイナーさまでも紙に造詣が深い方なら

レザックシリーズはよくご存知の紙種かと思います。

レザックの語源は《レーザーライク(皮に似た)》からの造語で、

中でも『レザック66』はレザックシリーズの中で最も有名な紙種です。

 

『レザック66』の名前は知らなくても、紙を見たら知っているという方も多いはず。

書籍のカバーや見返し、冊子の表紙、DMや封筒などにとてもよく使われています。

例を挙げると、ビジネス書のベストセラーで

「嫌われる勇気」「幸せになる勇気」

(ともに岸見一郎 他著、ダイヤモンド社刊、2016年)

の表紙カバーにレザック66が使用されています。

『嫌われる勇気』には『レザック66』の青、

『幸せになる勇気』には『レザック66』の赤が

それぞれ使用されていますので

機会がありましたら書店などでご確認いただればと思います。

平和紙業 ペーパーボイス東京 twitterより参照

他にも、公式なアナウンスこそないだけで、

レザックが使われている印刷物はとても多いかと思います。

 

レザックシリーズは名前の後ろに二桁の番号が記されていますが、

これは販売開始年の西暦の下二桁を示しております。

ということで『レザック66』は1966年販売開始の紙です。

実に50年以上も続いてる超ロングセラーの紙種でもあります。ビックリ!

ちなみにレザックシリーズの最新版(2018年8月現在)は

「レザック16」(2016年発売)になります。

 

『レザック66』は紙色がとてもカラフルなことでも有名ですが、

その中で当社は「白」を選択、

斤量は《130kg》《175kg》(※)をご用意いたしました。

厚みがあるのでカード印刷、フライヤー印刷としてもご利用いただけるほか、

冊子で表紙別紙の表紙にもご利用いただけます。

皮を思わせる紙表面のカードや名刺は注目を引くことでしょうし、

冊子印刷でインパクトある紙種を別紙で表紙に持ってきたい方にとっては、

『レザック66』はきっと気に入っていただけるのではないでしょうか。

 

レザックシリーズの代表格として有名な『レザック66』は、

ファンシーペーパーの草分け的な存在です。

さまざまなアートやデザインの仕事が進化している現代において

1966年発売以来半世紀以上も変わらないエコロジカルな素材感は

まさにファンシーペーパーのレジェンドと言っても過言ではないでしょう。

満を持してグラフィックの紙種ラインナップに加えさせていだきました!

 

皆さまのご利用、心よりお待ちしております(・∀・)

 

 

 

=紙種メモ=

 

・銘柄名:レザック66 白

・抄造:特種東海製紙株式会社

・発売年:1966年

・塗工の有無:非塗工紙

・紙表面の所感:皮革を思わせるような凹凸のある紙表面。

・表裏差:あり。表面の凹凸が裏面に影響を及ぼしている

・紙白:やや生成り。レザックシリーズでは一番白い

・特徴:紙表面の凹凸。

・当社商品対応状況:チラシ・フライヤー・ペーパー印刷、ポスター印刷(130kg)

          カード印刷(170kg)

 

 

※表記の斤量は、いずれも四六判換算です。

  • 投稿者:
  •  日時:
  •  カテゴリ: