Retina仕様Mac -MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2014)-

MacBookPro01.jpg


今回は最近ご無沙汰のMacネタです(^^ゞ


さて表題にもあるMacBook Pro。

タケムラ、買っちゃいました(^^)v

アップルが示すモデル名は

MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2014)

2014年7月に発売された、

2015年3月現在販売されている、15インチモデルのMacBook Proの最新型です(^^ゞ

メモリはオンボードで16GB装備、SSDは1TBを実装していて、

モニタはもちろんRetina仕様。

アップルストアのカスタマイズモデルで、

SSDが512GBから1TBに拡張された仕様です。

かなり高価な買い物でしたが、

こちらはアップルストアでMac整備済製品として販売されているモデルを

運良く手に入れることができた次第。

アップルストアの整備済製品の告知は不定期にネットで発表されるため、

タイミングが上手く合わないとなかなか購入できなかったりしますが、

(しかもお目当てのモデルがその時に発売されるかどうかもわからないし)

今回タケムラの仕事がお休みの日で、たまたま運が良かった次第(^^ゞ

実は購入前に使っていた、

MacBook Pro (early 2008)も整備済製品で購入していたので、

今回もその形で買えて結構ラッキーでした(^^)


Mac整備済製品については

Mac好きならご存じの方も多いかと思いますが、

アップルによると

「店頭商品、返品商品、初期不良品などを修理調整し、

新品水準並みの品質を確認したアップル認定製品」

とのことで、

通常の新品同様に1年間の保証期間が設けられているほか、

AppleCare Protection Plan加入で保証期間を3年に延長することも可能です。

そしてMac整備済製品のメリットは、通常購入する価格よりも安いこと。

アップルは製品の値下げ販売を認めていないので、

今回の買い物は通常で買うよりも約4万円近く安く買うことが出来た次第。


MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2014)購入のきっかけは

MacBook Pro (early 2008)の動作が

最近目に見えて遅くなってきたことでした。

2008年に購入したMacBook Pro (early 2008)は、

初代アルミボディの最終モデルで

6年以上に渡ってタケムラのメインマシンを努めてくれて、

メモリは6GBの上限いっぱいまで増設し、

ストレージも高速仕様のHDDに換装した、

(ブログ「MacBook Pro、HDD換装記」参照)

思い入れの深いマシンでしたが、

OSを10.7 Lionにしたあたりから遅くなり始め、

先のHDD換装で改善されたものの、

10.8 MountainLionにアップグレードしてから再び遅くなり始め、

10.9 mavericksに至っては起動すら遅くなってきた次第。

最近ではiPhone6 Plusの通常のバックアップに約40分もかかり、

時には認識すらしない時もありました。

SafariやGoogle Chromeも激遅になるときもあり、

OSの入替えを試みるも状況は改善されず、

昨年末辺りからマシンの買い替えを検討し始めた次第。

そして、Mac整備済製品でお目当てのマシンを

運良く購入出来ました(^^)v


MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2014)への移行には

Time Machineのバックアップから移行アシスタント経由で

約4時間ほどかかりましたが、

MacBook Pro (early 2008)から無事に新しいマシンに引き継ぐことができました(^^)

このあたりは会社でG5からMacProにマシンが変わった時

初めて移行アシスタントを使ったことがあるほか、

(ブログ「Mac Pro」参照)

自宅ではPowerBook FirewireからMacBook Pro (early 2008)に移行した時も

移行アシスタントを使ったので、

すんなりと環境が移行できるユーティリティーが整っている辺りは

アップルさまさまですね(・∀・)


MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2014)を使い始めてからまだ間がありませんが、

感想としてはとにかく速い!

PhotoshopCCの起動がわずか2秒!

(OSX10.9のMacBook Pro (early 2008)では約2分)

そしてモニタがとにかくキレイ!

最大限の解像度(2,8801,800pixel)で使っていますが、

きめ細やかさもさることながら、

モニタの彩度の高さがとてもいい感じで気に入っています(^^)

また、大きさは縦横が前のマシンとほとんど同じなので

スリーブバッグがそのまま使えることが確認できてさらにラッキー(^^)

ただMacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2014)は厚みが薄くなるので、

薄手のクッション素材なんかを中敷きにしてもいいかもしれません。

残ったMacBook Pro (early 2008)は、

OSXの動作こそかなり重くなりましたが、

Boot Camp側のWindows7がかなり快適に動作するので、

機を見てWindowsマシンとして少しカスタマイズして見たいと思います。

(と言ってもWindowsも10が出ますしいつまで使えるかですがね(^^ゞ)

MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2014)については、

この先何年共に出来るかわかりませんが、

高い買い物ですし、末永く付き合って行きたいと思います。


ちなみに、今回の買い物にあたり、

嫁さんに相談したことは言うまでもありません(^^ゞ

独身の時なら即決で買い替えもできたのですが、

結婚してからはそうは行きません(^^ゞ

嫁さんはMacを使わないけど、タケムラが仕事や趣味でもMacを使っていることで、

最終的には理解してくれて今回の買い替えが実現した次第。

AppleTV経由のOS XのAirPlayミラーリングに嫁さんが感動していたので、

(iPhoneでも同じようなことはできるんやけどね)

こういうところからもMacの良さと便利さをわかってもらいながら、

嫁さんにもMacを使ってもらいたいと思っています(^^ゞ


また、先の3月9日(日本時間3月10日)に

アップルが開いた特別イベント「Spring Forward」では、

期待のAppleWatchや新しいMacBookなどの発表がありました(^^)

AppleWatchは気になるけど、毎日充電をしなければならないところは、

ウーンと考えてしまうところですね。

まずはモノを見てからかな(^^ゞ

MacBook Airよりも薄くなったMacBookは、

新しいトラックバックやカラーリングといい

今後のMacBookの方向性が示された感もありますが、

幸い(?)MacBook Proの15インチRetinaモデルの新発表はありませんでした。

しかも円安で従来モデルの一部は価格が上がった模様で、

MacBook Proの15インチRetinaモデルの価格も約3万円上がった次第。

偶然ではありますが、今回のMacBook Pro購入は

ホントにタイミングよく購入できたんですよね(^^ゞ

もとより奥さんもそのことで喜んでくれたのもよかったし、

お陰でまだしばらくは竹村のマシンは、モデルの中では最新仕様です(^^ゞ

  • 投稿者:
  •  日時:
  •  カテゴリ: