Aプラン ピュアホワイト

0129A%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%B301x.jpg

紙ブログが続きますヽ(・∀・)ノ

また連続でうれしいです♪


ということで、

今回は12月8日より追加された紙種で

新しく導入した『Aプラン ピュアホワイト』について

ご紹介してみたいと思います♪


もともとは1993年に発売された紙『Aプラン』。

一時期は古紙配合紙として販売されていましたが、

2002年にはケナフパルプもさらに10%配合されたのち、

2007年には古紙配合が終わり、

その後世界的にケナフパルプがなくなるのに伴い、

2012年10月からバガスパルプ配合に順次切り替えて販売されています(※1)

抄造元は現在は日本製紙さまですが、

当初は日本紙業さまが平和紙業さまとともに開発された紙とのこと。

平和紙業さまより販売されている紙です(^^)


「普通の紙」を目指して作られている『Aプラン』は、

普通の風合いを出すためにあえて紙表面の平滑度を高くせず、

一方で印刷適性を上げるための工夫なども凝らされています。

一見すると上質紙にも似た風合いがありますが、

上質紙の洗練された雰囲気に対して、

普通の紙にこだわった『Aプラン』には

素朴さが残されているようにも感じます。

そんな『Aプラン』の特徴としては、

ソフトな肌合いで、紙の嵩(かさ)が高く、

そして柔らかい仕上がりを得意としています。

また、えんぴつでの筆記特性にも優れています。

『Aプラン』を見てちょっと控えめな印象を持つタケムラですが、

ロハス系のような自然志向を意識されたようなデザインや印刷には

向いているような気もします。

非塗工紙です。


ちなみに『Aプラン』には、

A5サイズ無線綴じで横向きの冊子カタログ(?)があります。

販売元の平和紙業さまが作成されたもので、

現在の『Aプラン』が抄造される日本製紙さまの大竹工場をピックアップし、

Aプランの製造工程や関わる方々を掲載されています。

元々は日本紙業さまと呼ばれる製紙会社が抄造していた『Aプラン』ですが、

今とは異なる工場で抄紙されていたとのこと。

その後いろいろな過程を経て現在の大竹工場での抄造に至っているようです。

ちなみに、この冊子に使用されている紙は、もちろん『Aプラン』。

当社で取り扱う『Aプラン ピュアホワイト』の他に、

スノーホワイト・ナチュラルホワイト・アイボリーホワイト

・スカイホワイト・ローズホワイトなど、

当社では扱いのないAプラン各色が使われていたりします。

冒頭の画像は、その冊子の表紙を撮影して一部トリミングしたものです(^^)

機会がございましたら、ぜひご覧いただければと思います。


今回の『Aプラン ピュアホワイト』導入では、

斤量は 103kg・135kg・160kg(※2)をご用意いたしました。

薄紙から厚紙までバランスのとれたラインナップで、

フライヤーからポスターに冊子印刷、そしてカード印刷と

さまざまな用途でご利用いただけるのではないでしょうか(^^)


コート紙やマットコート紙にはない、普通の雰囲気があふれた、

『Aプラン ピュアホワイト』。

普通って何?と言われるかもしれませんが、

こだわった普通を目指した紙のパフォーマンスを

是非皆さまにも感じていただきたいと思います(^^)


皆さまのご利用、心よりお待ちしております(・∀・>)


※1.当社では扱いはありませんが、Aプランの中で
  『Aプラン スノーホワイト』はバガスパルプを含んでいません。

※2.表記の斤量は、いずれも四六判換算です。

  • 投稿者:
  •  日時:
  •  カテゴリ: