TAKEO PAPER SHOW 2014

PAPERSHOW2014_01.jpg

少し前の話ですが、

5月25日から6月1日に東京で《TAKEO PAPER SHOW 2014》が催されましたね♪

前に催された《TAKEO PAPER SHOW 2011》から

実に2年半ぶりの開催となったペーパーショウ、

待ち遠しくされていた方も多かったのではないでしょうか?

竹尾さんのペーパーショウは、

ここ最近日曜に実施されることもあって

お休みの日を利用して東京見物も兼ねて個人で行かせていただくタケムラですが、

今年は5月25日の初日に泊まりで行ってきました(・∀・)


ペーパーショウは、例年丸ビルなどの大きな会場で催されますが、

今年は江東区の東雲(しののめ)という場所で

TOLOT/heuristic SHINONOME(トロット/ヒューリスティック東雲)

という倉庫のようなスペースで催されました。

最寄りの東雲駅から少し歩きましたが、

こういう時はGoogle Mapsは便利ですね♪

iPhoneさまさま(^^)


開場は11時からでしたが、その少し前に到着したタケムラ。

会場前にはすでに人も集まっていました。

みんな待ち遠しかった様子で、

近くにいた人と「久しぶりで楽しみですね」とか話しているうちに

程なくゲートが開いて、案内されたのは2階の倉庫スペース。

その後受付スペースで、

以前竹尾さんのイベントでお会いしたスタッフさんにご挨拶してから

受付を済ませていざ会場に入りました(^^)

《TAKEO PAPER SHOW 2014》の大きな案内を見て、

2年半ぶりのペーパーショウに、参加者ながらも思わず胸熱になるタケムラ(^^ゞ


PAPERSHOW2014_02.jpg


毎回竹尾さんのペーパーショウではテーマが掲げられますが、

今回のテーマ『SUBTLE サトル|かすかな、ほんのわずかな

ということで

紙の持つ繊細さとファインペーパーのもつ特徴を

デザイナーとして著名な、原研哉さん企画・構成のもとに、

さまざまなクリエイターの方の作品が展示されていました。

紙を極薄に削ってみたり、

極細にカットしてみたり(レーザカットのような見本もありました)、

コーナーを強調してみたり、

カリグラフィーをしたためてみたりなどなど……

言葉にすると簡単に聞こえてしまいますが、

コンセプトは竹尾さんのホームページから引用すると、

(引用ここから)

かすかな、ほんのわずかの

紙が繊細なのではない。紙が揺り起こす人の感覚こそ繊細である。
白く張りのある紙の質は人に作用し、ごくわずかな差異すらも
決して見逃さない極めて微細な感覚を目覚めさせ育んだ。
壊れやすく汚れやすく、たおやかに白い媒質が喚起する感覚の豊穣。
最先端のセンサーでも見分けられない色や香りの差異を探り当て、
精密機械でも検知できない平滑さや柔らかさの度合いをも感知できる……
以下続く

(ここまで引用)

とのこと。

紙の繊細なアピールについて、見る側が繊細に感じとる大切さを

改めて思いました。


あるデザイナーさん曰く、

紙選びをする時は

すごく疲れるという話を聞いた事があります。

仕上がりをイメージされる苦労もありますが、

その紙が持つわずかなアピールを

全身全霊で感じ取ろうとしていたのかなと思うと、

その疲れるという意味がなんとなくわかるような気がしました(・∀・)

13時からは原研哉さんのトークセッションも拝聴させていただき、

デザイナーさんや同席されたクリエイターさんの紙に対するイメージも聞けて、

お客さまに紙をご案内する際の参考になりました。


PAPERSHOW2014_03.jpg



ちなみに、今回の《TAKEO PAPER SHOW 2014》では、

会場内の写真撮影がOKでした☆

スタッフの方にお聞きすると、

より多くの人にペーパーショウの模様を広めて欲しいとのことで、

以前の撮影NGを撤廃されたとのことです。

(注:ブログTAKEO PAPER SHOW 2011掲載の写真は、竹尾さんに写真撮影許可をいただいておりました)

なので、カメラ撮影されていた方が本当に多かった(^^)

なるべく周りの方にじゃまにならないように

タケムラもiPhoneのカメラで撮影した次第(^^ゞ

新しい紙の見本はさほどありませんでしたが、

前回買わなかった、ペーパーショウの書籍も今年は購入し、

担当者の方と少しお話して会場を後にしました(^^ゞ


ここ最近に催されるペーパーショウを見て思うのが、

竹尾さんが紙をどう表現されるのかについて、

見本もさることながら、

クリエイターさんの作品を見ながら、

いろんな組み合わせやアピールができそうな気付きをいただきます。

紙ヲタとしての知識も高めることもタケムラには大事なことですが、

紙と向き合ってその魅力や特徴を再認識する場のひとつが

ペーパーショウであるように思いました。


泊まりで行ったので、東京2日目は

2年半振りに東京神田にある竹尾さんの見本帖本店に行きました(^^)v

見本帖本店ではデザイン封筒を販売されているということを

以前聞いたことがあったので、

チェックしたところ、タケムラがお気に入りの紙がラインナップされている!

ということで、

その紙種のタイプ別の封筒をいくつか買った次第(^^ゞ

また、紙種別かつ形の違う種類の封筒もお願いしたので、

店員さんには種類別に分けて包装していただいたりなど

ご面倒をお掛けしましたが、

親切に対応していただきました。

この場を借りてお礼申し上げますm(__)m


その後は水道橋(東京ドーム)に足を運び、

新宿、銀座の行きたかったお店などにも寄って、

最後は東京駅に近い丸善さん本店に少し寄ってから

夕方過ぎの新幹線で京都に帰りましたε=ε=ε=


今回のペーパーショウは

竹尾さんの担当者さんのお話によると、

大阪も検討されているそうですが、

まだ決まってはいないとのこと。

前回のペーパーショウでは大阪では実施されませんでしたが、

ぜひ大阪での開催も検討いただきたいところです。

(京都での開催なら近いし、ウレシイのですが(^^ゞ)

次はどんなペーパーショウが催されるか、楽しみなタケムラ(^^ゞ

紙好きの新しいパワーが注入された今回のペーパーショウでした(・∀・)>


【TAKEO PAPER SHOW 2014 「SUBTLE」|竹尾ペーパーショウ 2014】
 http://www.takeopapershow.com/

  • 投稿者:
  •  日時:
  •  カテゴリ: