今回は両更クラフト! グラフィックのフリーペーパー『Gra-zie(グラチエ)』最新号No.10がリリース!

1219Grazie10.jpg


今回は12月1日に発行された、グラフィックのフリーペーパー、

『Gra-zie(グラチエ)』の最新号No.10をご案内しますヽ(・∀・)ノ


当社東京支店のデザインスタッフが、

紙面構成からコピー、デザインまで手がけた、

グラフィックオリジナルのフリーペーパー『Gra-zie』。

季刊発行で、毎号違う紙種で特集を組んでいる『Gra-zie』は、

ペーパーショーなどのイベントでサンプル出展させていただくなど

社内外を含めいろいろと注目をいただいております。


前回10月発行のvol.9では《エスプリコートC》を特集しましたが、

表裏が異なり、強光沢な面と通常のコート面で構成された

キャストコート紙の代名詞的な位置づけの紙での

メリハリのある表現ができる特徴を

いろいろ知っていただけたかと思います(^^)


そんなカンジで、

毎号さまざまな紙種を取り上げている『Gra-zie』ですが、

10回目の節目となる今回、

東京デザインスタッフが選んだのは、

《両更クラフト》

でした!


両更クラフトは、

いわゆるクラフト紙として有名な紙です。

茶色の紙色が特徴でもありますが、

漂白されていないパルプが使われていることもあり、

紙繊維の強度が落ちないことから

包装紙や材料の袋などでよく見かける紙でもあります。


両更クラフトの紙の強度の秘密は、

ほかにパルプに針葉樹が使われていることも挙げられます。

針葉樹のパルプは繊維が細くて長く引っ張りに強いこともあり、

ややゴツメのある紙にはなりますが、

特徴的なエンボス感を出してくれます。

ちなみに針葉樹のパルプは、別名〈N材〉と呼ばれることもありますが、

こちらの語源はドイツ語で

《Nadelholz = ナーデルホルツ》

の頭文字を取っているというのは紙の豆知識ということで(^^)

ほかに紙で使用される木材パルプには

広葉樹もあります。

こちらは強度においては針葉樹ほどないものの、

繊維が太くて短く平らになりやすいこともあり、

平滑度の高い、筆記特性に優れた紙が出来上がります。

ちなみに広葉樹は別名〈L材〉と呼ばれますが、

こちらの語源もドイツ語で

《Laubholz = ラオブホルツ》

の頭文字を取っています。

印刷用紙を含めたほとんどの紙は、

これらN材やL材のいろいろな種類をブレンドして

独特の風合いや雰囲気を醸し出しているんですよ(・∀・)


両更クラフトについては

Gra-zieの紙面でもご紹介していますので、

ぜひご覧頂きたいのですが、

ちょっとしたリーフレットや

ショップカードに商品タグなど、

白い紙だけでは表現しきれない雰囲気を

両更クラフトの紙色や風合いがうまく表現してくれます。

多色刷りの印刷はあまり得意ではありませんが、

あえて色数を少なくすることで

この紙の特徴をうまく引き出せるのではないかと思います。

今回のGra-zieもその辺りを意識されてデザインされているようです。

ちなみに、おなじみの擬人化キャラクターは

ガンコじいさんっぽいキャラですが、

アニメのハイジのおじいさんを意識したのか、

ちょっと気になるところでもあります(・∀・)


『Gra-zie』はグラフィック各店で配布しております。

店頭にお越しの折には是非手にとってご確認ください(^^)

また《両更クラフト》については

当社の無料サンプルでもご用意しています。

この機会に是非ご請求いただきご見分いただければ幸いです(^^)


さて、節目となるvol.10で両更クラフトを選んだ、今回のGra-zie。

毎回タイプ違いの紙を取り上げていますが、

次回のvol.11ではどんな紙種が選ばれるでしょうか?

あの紙だったら

あの人を擬人化してくれるのかな??

もしくはあの紙を選ぶと、

やっぱあのグループやよく似たゆるキャラが登場するのかな?

なんてことを考えたりすると楽しかったりするタケムラですが、

自分の会社ながら、

毎回次号のリリースが楽しみなタケムラですヽ(・∀・)ノ


※「グラチエ」は東京虎ノ門店、京都竹田店、京都西院店、大阪南森町店の店舗のみでの配布となります。是非店頭でお求めになってください。発送についてはお受けしておりませんので、あしからずご了承ください。



【関連リンク】

●両更クラフト ハトロン判
 【印刷通販グラフィックブログ】
 http://blog.graphic.jp/2007/02/post_28.html