アップルのiMac。発売から15周年。

iMac15%E5%B9%B4.jpg



猛暑続きかと思えばゲリラ豪雨だったりと、

いろいろな顔をみせてくれる今年の夏。

そして残暑厳しい京都からブログを発信するタケムラですが、

皆さまいかがお過ごしでしょうか??


さて、本日8月15日が終戦記念日なのはご存知のとおりですが、

実は1998年の8月15日(米国時間)は初代iMacが発売された日でもあります。

アップルの創業者で今は亡きスティーブ・ジョブズ氏が

一度はアップルを離れたあと、

復帰してiMacを発表したことは有名ですが、

今年で発売から15周年を迎えたiMac。

不況にあえいでいたアップルを蘇らせたヒット商品として、

いまもなお進化を続けているのはご周知のとおりです(・∀・)


スケルトンのボンダイブルーで内蔵メカが見えたところから衝撃的だったiMac。

それまでのMacといえばベージュ色の筐体が常であったので、

周辺機器のインターフェイス一新といい、

iMacの登場はいろいろな意味でセンセーショナルでした。

後にいろいろなカラーリングのiMacが登場し、

周辺機器もiMacに合わせたカラーリングのものが多く出回ったので、

パソコンの周辺機器でのこのような動きも、

ある意味パソコンの概念を覆したところではなかったかと思います。


また、発売当初のiMacは

CRT画面の大きさやスペック的なところから

仕事で使うにはやや力不足の感がありましたが、

現在発売されているの21インチモデルや

最上位の27インチモデルを見ていると

大画面かつ省スペースであり、

スペック的にも全然問題ありません。

SSD内蔵モデルにいたってはさらに高速になっています。

現在のモデルよりCD/DVDのディスクドライブが廃止されて

更に薄くなったiMacですが、

ちなみに当社のテクニカルサポートがデータチェックで使うMacにも

一部iMacが導入されているんですよ(・ω・)


今年の秋には

新しいOS『Mac OS 10.9「Mavericks」』のリリースが予定されていたり、

『iOS 7』リリースも予定されているので、

何かと目が離せないアップルですが、

個人的には自宅で使っているMacが最近遅く感じることが多くなってきたので、

省スペースかつ大画面のiMacには食指を動かされています(^^ゞ

でもここしばらく

MacBook ProのRetinaディスプレイモデルも見逃せないし、

iMacのがRetina化にも期待したいところ。

(全部Retina化されたらさらに迷うところ)

そして、まだ発表されただけですが、

おひつのような形の新しいMac Proも気になるところです。

ディスプレイ内臓のAppleTVのウワサも気になるし、

新しいiPhoneがいつ出るのかも気になりますよね(・∀・)

(って、気になるものをいっぱい並べてしまった(^^ゞ)


iMac発売から15周年、

今後iMacはどのような進化を見せてくれるのでしょうか??

ある意味予定調和を覆すような進化に期待したいところですが、

これからもいい意味でのサプライズに期待しつつ、

ジョブズ亡き後も僕らをワクワクさせてくれる、

アップルであり続けて欲しいと思うタケムラなのですヽ(・∀・)ノ

  • 投稿者:
  •  日時:
  •  カテゴリ: