神7と紙7

%E5%BA%97%E9%95%B7AKB%E3%81%8B%E3%81%BF%E3%81%9B%E3%81%B6%E3%82%93_%E6%9C%80%E7%B5%82-1.jpg

いつも「印刷の通販®」グラフィックをご利用いただきありがとうございますm(__)m


さて、グラフィックでは、以前に人気用紙のランキングを実施したことがあります。

ユーザーさまがTwitterからお気に入りの用紙を投票していただき、

その結果については、

当社のポータルサイト『& Graphic』で発表させていただいたほか、

ブログでもご紹介させていただきました。

大方の(?)予想を裏切って、ペルーラが1位に就いたことは、

個人的にはちょっとびっくりした覚えがあります(^^ゞ


&Graphic:『ユーザーが選んだ! 人気用紙ベスト10!!』

ブログ:『ユーザーが選んだ! 人気用紙ベスト10!! ただ今公開中!!!』


一方、少し前のはなしで恐縮ながら、

先日行われたAKB48総選挙では

テレビ中継の視聴率が30%以上あったそうで、

いろいろと話題に上がったのはご周知のとおりですが、

投票結果が予想外のランキングだったということもあり、

結果が出てしばらく経った今もネットやメディアでは

依然盛り上がっています(・ω・)


で、こないだ当社の人気用紙のランキングとAKB48総選挙の上位結果で

紙の特徴とメンバーさんの特徴を上位のランキング順を

たまたま見比べてみると、偶然なのか、たまたまなのか、

共通する(と思われる?)ような気づきがいくつか見つかりました。

グラフィックで人気用紙の上位7つ、いわゆる紙7(かみせぶん)は

AKB48さんの上位7名である、神7(かみせぶん)とどう共通するのか?

ちょっと無理があるように思われる企画かもしれませんが、

今回のブログは

それぞれの“かみせぶん”比較をしてみたいと思います(・∀・)


グラフィック人気用紙ランキング:第1位 ペルーラスノーホワイト
(AKB48総選挙:第1位 指原莉乃さん)

ペルーラの魅力は、キラキラ輝く魅惑の“真珠”です。
紙の世界で他にないこの特徴は、ちょっと異質な存在。
上品かつエレガントなデザインで、
ここ一番の紙ということで使われる機会が多いこの紙は、
コミケなどのイベント冊子で使われる方が多い紙でもあります。
ただ、その輝きはどこか憂いを帯びた
不安定さも含んでいるような雰囲気が感じられますが、
これって、アイドルながらも他にはいない輝きを放ちつつ、
総選挙のトップに躍り出たものの、
今後どのような展開を見せるのか、
いろいろな意味で動向が気になる
指原莉乃さんに思えるような気がします。


グラフィック人気用紙ランキング:第2位 ヴァンヌーボ
(AKB48総選挙:第2位 大島優子さん)

抜群の白さと手触りを備えたヴァンヌーボ。
そのパフォーマンスは
紙白とインキが乗ったところの対比でメリハリの効いた、
パンチのある表現を得意としています。
しかも、その表現はエネルギッシュ系でも穏やか系でもOK。
ここ一番のデザインでデザイナーさまを中心に使われることの多い、
デザイナー御用達の紙でもあります。
そのパフォーマンスの高さに、一度使うと他の印刷でも使いたくなるさまは、
あらゆるところでアイドルとしてのパフォーマンスの高さをみせる
大島優子さんを思わせるような気がします。


グラフィック人気用紙ランキング:第3位 アラベール
(AKB48総選挙:第3位 渡辺麻友さん)

こちらもデザイナー御用達紙では有名なアラベール。
画用紙にも似た風合いと個性豊かな表現力は
ファンシー紙の王道とも呼べる存在感があります。
いろいろなデザインをアラベールで印刷するとどんな表現になるのか、
ファンシー紙の王道としての表現を見たいところ。
まさにAKB48ではアイドルの王道と言われる、
渡辺麻友さんを見ているかようです。


グラフィック人気用紙ランキング:第4位 ケナフ
(AKB48総選挙:第4位 柏木由紀さん)

自然で温かい風合いが魅力のケナフ。
その表現には和んでいただけるような穏やかさを感じさせます。
多分その印刷物には親しみやすさも感じていただけるのではないでしょうか。
反面、ケナフは折り加工にはあまり向かない不器用さも持ち合わせますが、
これはAKB48一の親しみやすさと、
実は家事が苦手という不器用さを持ち合わせた、
柏木由紀さんに共通するところがあるように思えます。


グラフィック人気用紙ランキング:第5位 コート紙
(AKB48総選挙:第5位 篠田麻里子さん)

どんな印刷物もきれいに仕上がるコート紙。
パンフレットでも名刺でも冊子でも何でもOKのコート紙は、
誰もが納得できる仕上りを(結果を)残してくれます。
紙に迷った時には、まずはこの紙を使っておけば大丈夫!
この例えは、テレビや雑誌を始め、いろいろな分野で活躍する、
篠田麻里子さんを思わせるような気がします。
篠田さんは残念ながらAKB48から、神7から卒業されますが、
コート紙はグラフィックの紙7としてこれからもずっと現役です。


グラフィック人気用紙ランキング:第6位 Mr.B
(AKB48総選挙:第6位 松井珠理奈さん)

もう一つのデザイナー御用達紙であるMr.B。
しっとりとしたもち肌とグロスな輝きが魅力のMr.Bは、
メリハリの聴いた表現ではヴァンヌーボを上回るギラギラ感を見せてくれます。
そして、ヴァンヌーボより後発で、かつライバル関係にあるMr.B。
エネルギッシュなパフォーマンスでは
ヴァンヌーボで例えた大島優子さんとキャラ的にも似た、
名古屋SKE48とAKB48を兼任する、後輩の松井珠理奈さんを見ているようです。
ちなみにヴァンヌーボの製造元は日清紡ペーパープロダクツさまですが、
Mr.Bの製造元は特種東海製紙さまで、
お互いにファンシー紙が得意な会社でもあり
こちらもライバルといってもいい関係です。



グラフィック人気用紙ランキング:第7位 マットコート
(AKB48総選挙:第7位 松井玲奈さん)

「落ち着き」が持ち味の、普段使いの紙。
どこか控えめで落ち着いた風合いで表現するさまは、
脇役のように見えますが、
なかなかどうして、しっかりと存在感をアピールしています。
その例えは、自身を控えめな存在と言いつつも、
名古屋のSKE48からから選抜メンバー入り、
そして今回の総選挙では、松井珠理奈さんとともに神7入りした、
松井玲奈さんに合い通じるようなところがある気がします。


いかがでしたででしょうか?

紙ファンやAKB48さんのファンの方にとっては、

いろいろなお声もあるかもしれませんが、

タケムラとしては印刷を楽しんでいただくにあたり、

こんな例えがあっても面白いかなと思った次第です。

あくまでもタケムラの主観ということで

ご容赦いただければ幸いです。


今回このブログを書いていて、

紙をいろんなところに例えてみると

あらためて紙の魅力と奥深さに気付かされました。

いやぁ、紙って奥深いですよね。

AKB48さんのこともちょっとだけ知ることができて、

これまた少し嬉しかったタケムラなのでした(^^ゞ


【関連リンク】

●【vol.009】ユーザーが選んだ!人気用紙ベスト10!!
 《User's Voice|印刷に関するウェブマガジンコンテンツ【&グラフィック】》
  http://www.graphic.jp/magazine/voice/voice_009.php

  • 投稿者:
  •  日時:
  •  カテゴリ: