MdN3月号に当社のことを載せていただきましたヽ(・∀・)ノ

MDN3%E6%9C%88%E5%8F%B7.jpg


久々の告知ブログヽ(・∀・)ノ


現在発売中の

『MdN 3月号』(2月6日発売)に

当社のことを載せていただいております\(^○^)/


今回は、

《ブックデザインの教室》という

特集の中で『印刷通販の選び方』というタイトル記事の中に

当社のことを取り上げていただきました。

ブックデザインということですが、

当社で言うところの《冊子印刷》がそれにあたります(^^)


ちなみに、当社が取り扱う冊子印刷は

〈中綴じ冊子〉

〈無線綴じ冊子〉

〈リング綴じ冊子〉

の3種類ございます。


〈中綴じ冊子〉は、真ん中を針金で綴じる方式で、

雑誌などにも使われる一般的な製本であり、丈夫に仕上ります。

ページが完全に「見開き」になり、広げて読みやすいのも特徴です。

小冊子やパンフレットなど比較的ページ数が少ない冊子印刷に向いています。

オフセット印刷・オンデマンド印刷の両方に対応していて、

表紙は共紙もしくは別紙でもご注文いただけるほか、

オフセットではオプションで

高精細印刷のグラフィックビジョンもご利用いただけます。



〈無線綴じ冊子〉は、別名「アジロ綴じ」とも言われますが、

本文の背を糊付けし、厚紙の表紙に中身をくるむように綴じ込む方式です。

ページ数の多い冊子を作成するのに向いていて、

文字が印刷できる「背表紙」ができるのが特徴です。

こちらもオフセット印刷・オンデマンド印刷の両方に対応していて、

オフセットではオプションで、

高精細印刷のグラフィックビジョンもご利用いただけます。


〈リング綴じ冊子〉は、オンデマンド印刷のみでの取扱ですが、

リング製本は見開きページを開いた状態で保てます。

綴じ具は金属ワイヤーのダブルリンクとプラスチックのプロクリックで

手で開閉でき、製本後もページを差し替えることができます。


冊子データの作成は、

ペラ物の印刷と違って一部でも分量がありますし、

企画・制作段階でも作業的に行うことが多かったりしますが、

冊子を作る上でのいろいろな注意点や知っておきたいことなどを、

特集のタイトルにもあるように

「まるっと」MdN3月号の特集として組まれています。

その中のインターネットで「印刷の通販」として展開する

当社のことと同業他社さまとの比較もふくめて

取り上げていただいていますので、

これから冊子を作ろうと思っておられる方はもちろんのこと、

冊子印刷を何度も作ったことのある方にも

役に立つ内容が色々載っていますので、是非ともご一読ください(^^)


ちなみに、MdNさんは当社が印刷通販事業を始めた頃から

広告ページに掲載させて頂いている

長いお付き合いがあるDTP誌でもあります。

タケムラもデザイン部門の業務をしていた時から

気に入った特集記事が載っている時は買って読むことも多かったので、

今回もしっかりチェックしたいと思いますヽ(・∀・)ノ


【参考リンク】
 ●デザインとグラフィックの総合情報誌【エムディエヌ】
 《MdNコーポレーション》
 http://www.mdn.co.jp/di/MdN/

  • 投稿者:
  •  日時:
  •  カテゴリ: