Illustrator25周年 その後

Illustrator25%E5%91%A8%E5%B9%B4%E3%81%9D%E3%81%AE2.jpg


今年5月のある日、アドビさんのIllustratorが今年で誕生から25年ということで、

このブログにIllustratorに対するタケムラの思いを書かせていただきました。

【Illustrator(イラストレーター)誕生から25周年】


その時に、25周年記念のサイトは作らないのかな、なんて書いてましたが、

その言葉をご覧になったのか(多分当初から予定されていたと思いますが)

先日ついに25周年のAnniversaryサイトをアップされています。

【Adobe Illustrator 25周年】



アドビの岩本さんのブログによりますと、

Adobe Illustrator 25周年の記念サイトには、

現在ヒストリーとエピソードの前編が掲載されています。

ヒストリーでは当時の世相を同時に年表形式で振り返ることができるほか、

エピソードではIllustrator歴代のバージョンの

懐かしいインターフェイスと当時の特徴が紹介されています。

記念サイトのコンテンツは今後更に増えるそうなので

それぞれの後半の公開はまだですが、待ち遠しいところでもあります(・∀・)


また、コンテンツの中のヒストリーによると、

Illustratorはアドビさんが当初から開発した、数少ないソフトとのこと。

かつてよく目にしたPageMakerやFrameMaker、

最近ならFlashやDreamweaverも

元はアドビさんが他社を買収したソフトでしたしね。

ちなみに、Illustrator1.0が発売された1987年と言えば、

タケムラ、まだMacはおろかパソコンすら触ったことのなかった学生でした。

そのころのプロ野球は西武ライオンズの黄金時代。

この年の日本シリーズの対ジャイアンツ戦で

ライオンズの清原和博選手が日本一を目前に涙したことが話題になりましたね。

(プロ野球好き故にプロ野球軸で時間をカウントしてスミマセン)

あれから25年も経ったんですね。長いなぁ……


時は流れ、

先日リリースされた最新バージョンのIllustrator CS6は、

おかげさまでご入稿時の不具合は特になく

当社のご入稿データに占める割合でもCS6が徐々に増えつつあります。

誕生から四半世紀。

今なおバージョンアップで進化を続けるIllustrator。

そしてIllustratorに出会わなければ今の仕事には就いていなかったタケムラ。

自身の転機になり、何かと思い入れがあって、

それでいてまだまだ使う機会も多いソフトなので、

今後のIllustratorの変遷も

ユーザーとファンの両面から見守り続けたいと思います(^^)


【関連リンク】

●Adobe Illustrator 25周年
 http://www.adobe.com/jp/joc/design/useful/ai25th/index.html

●いわもとぶろぐ〈Adobe IllustratorとInDesignの日本製品担当者ブログ〉
 http://blogs.adobe.com/iwamoto/

●Illustrator(イラストレーター)誕生から25周年
 http://blog.graphic.jp/2012/05/illustrator25.html