WWDC2012

WWDC2012.jpg

少し前になりましたが、今年もアメリカのサンフランシスコで、

6月11日から15日(現地時間)にかけて

「World Wide Developers Conference(WWDC)」が開催されましたね♪


WWDCは世界中のアップル関連製品の開発者を集めたカンファレンスで、

本来開発者に向けてアップルの技術的な指針などを示す会議でもありますが、

アップルが参加する(主催する)唯一のカンファレンスということもあり、

毎年新商品や新OSの登場の期待で注目を集めています。


今年は新しいiPhoneの発表がなかったこともあってか、

報道でのとりあげられ方がイマイチ低かった気もしますが、

・MacBook ProのRetinaDisplayモデル発表

・Mac OS X 10.8 MountainLionの発売時期発表

・iOS6の発表

・MacPro、MacBook Airモデルのリファイン

などなど……

結構てんこ盛り状態だったと思います。


特にRetinaDisplay仕様のMac製品は

多方面から期待が寄せられていただけに

MacBook Pro RetinaDisplayモデルに気持ちを奪われた方は多いことでしょう。

タケムラもメッチャ気にしているそのひとり。

光学ドライブを廃した【MacBook Pro with Retina display】は、

15.4インチの画面サイズながら

2880dpi1800dpiと

従来の15.4インチのMacBook Proの

4倍の画面解像度を確保しています。

そして、

Thunderboltポート2、

MacBook Proでは初実装となるHDMIポート1

Macでは初実装のUSB3.0ポート2と

ポート類も一新されました。

さらに、光学ドライブと搭載しないことで

バッテリーやストレージのスペースに割り当てることができるせいか、

バッテリー駆動時間が更に長くなっています。

メモリはオンボードで8GB実装しているものの、

前モデルよりもさらに薄型になっているので、

追加のメモリやストレージなど

ユーザが換装・追加できるかどうかはまだわかりません。

薄くすることでユーザが開腹することを拒んでいるようにも見えますが、

このあたりは、アップルの公式アナウンスや

ユーザレビューなどにも期待したいところですね。

あと【MacBook Pro with Retina display】では

Windows7や間もなく発売予定のWindows8の動作も気になるところ。

来月のMountainLion登場でBoot Campのバージョンアップの有無で

何らかの期待もできるかもしれません。


印刷やDTPに関わりある者としては、

【MacBook Pro with Retina display】の

カラーマネジメントも気になるところですが、

ノートパソコンのモニタがここまで高品質化されてくると、

モニタでの色校正がもっと緻密かつ手軽にできるのではないかと、

個人的見解ながら思ってしまったりもします。

従来モデルのMacBook Proも販売継続されるようですが(17インチモデルは終了)

今後徐々にRetinaDisplayへの移行が進んでいくことでしょう。

他社のノートパソコンやモニタも追従することになるのでしょうか?

高精細化では有機EL導入なども期待できるかもしれませんね。


とか言いながら、【MacBook Pro with Retina display】の実物は

まだ見ていないタケムラ。

自宅のMacBook Proの動作に特に不満はないので、

今すぐには欲しくないです! とか周りには言ってますが、

まずはアップルストアあたりでチェックしたいところですね。

でも実物を見たら間違いなく欲しくなりそう……


【Apple Developer Connection - Worldwide Developers Conference 2012】
 https://developer.apple.com/wwdc/

  • 投稿者:
  •  日時:
  •  カテゴリ: