ピックアップキャンペーン『トムソン加工』

%E3%83%88%E3%83%A0%E3%82%BD%E3%83%B3%E5%9E%8B01.jpg

いつも「印刷の通販®」グラフィックをご利用いただきありがとうございますm(__)m


「印刷の通販®」グラフィックが取り扱うおすすめ商品やオプションを、

毎月取り上げる『ピックアップ・キャンペーン』。

キャンペーン期間中の対象商品は最大15%割引にてお求めいただけます!

キャンペーンの期間は、当サイト上にピックアップしてから3ヶ月

今月の新しいキャンペーン商品はといいますと……

トムソン加工』オプションですヽ(・∀・)ノ


先月のピックアップキャンペーン紹介ブログでは

「レーザーカット」をご紹介させて頂きました。

複雑なカット、ハーフカットなど、

超微細なカットができるのが「レーザーカット」の特徴ですが、

お陰さまでとても好評をいただいております(^^)

いいとこだらけのように思える「レーザーカット」ですが、

仕組上、レーザーでひとつずつカットしますので、

大量の枚数だと割高になる一面があります。

複雑な形は難しいけど、印刷物を決まった形に切り抜いたりするとき、

もっともよく使われるのが、今回ご案内する『トムソン加工』です。

トムソン型と呼ばれる、カットや折りスジを入れるための刃がセットされていて、

それを紙に推し当てて圧力をかけ、折りスジなどが入った状態で型を抜きます。

冒頭の画像がトムソン型です。

ちなみに、トムソンの名前の由来はアメリカから来ているそうですが、

関東ではトムソンのことを「ビク」と言うとのこと。

こちらの語源が気になるトコロですが、はてさて……


とは言いつつも、カッティングのところで

トムソンとレーザーカット、どう違うの?

とお思いの方も多いはず。

そこで、グラフィックでは

《表現力に差がつくカット加工でカタチにこだわったツールを作ろう!》

というタイトルの特集ページをご用意しております。

「トムソン」と「レーザーカット」を比較しながら、

基礎知識やそれぞれの特徴を詳しくご紹介していますので、

カット加工する印刷物をご検討の方は、

まずはこの特集をご覧いただければ

きっと適したほうが見つかると思います(^^)


いかがでしょうか?

印刷物の型抜きの定番ともいうべき『トムソン加工』。

複雑な形はレーザーカットに任せるなど、

使い分けていただければと思います(^^)

お求めやすい価格でご注文いただける、このチャンスをぜひご利用ください!

皆さまからたくさんのご利用をお待ちしていますm(__)m


【トムソン加工のご注意点として】

 ・110kg以上の厚さの用紙限定のオプションとなります(一部の紙種を除く)。

 ・トムソン(型抜き)は、当日・1日・2日納期では対応しておりません。

 ・10,001枚以上は追加納期3日となります。

 ・型の保管料は、今回のピックアップキャンペーンの割引は適用されません。

 そのほか、トムソン打抜加工のご利用は以下のリンク先もご参照ください。

 ◎トムソン打抜加工についての注意点
  http://www.graphic.jp/technical/data_option/thomsonp.php


【参考リンク】

●トムソン加工
 http://www.graphic.jp/option/process/special.php#type_07

●表現力に差がつくカット加工でカタチにこだわったツールを作ろう!
 http://www.graphic.jp/lineup/feature/process.php

【ピックアップキャンペーンのご案内はコチラ】
 http://www.graphic.jp/campaign/pickup.php
 ◎現在進行中のピックアップキャンペーンもご覧いただけます。