MTA+ -FS

10_01_31NO460.jpg


2011年、グラフィックが扱う新しい紙。

ということで、今回は『MTA+ -FS』を取り上げてみたいと思います(・∀・>)


『MTA+ -FS』は2010年9月に発売された、結構新しい紙です。

コードネームを思わせるこの名前、実は、

製造元や販売元のメーカーさまの頭文字のほか、

紙についてのグレードや思いなどが込められています。

『MTA+ -FS』は、当社で扱いのある紙種から位置付けてみると、

「AライトスタッフGA-FS」の上にランクする紙になります。

同時期に導入する「ガルバスCoC」と風合い的には似ているものの、

『MTA+ -FS』のほうが白さの度合い的には高くなります。

そして、ややラフ目の紙表面に塗工処理されていて

若干の凹凸感がある『MTA+ -FS』は、

インキが乗ったところのグロス感が特徴的な、

コストパフォーマンスの高い紙です。

グラフィックが扱う紙種ラインナップの中で、同じ竹尾さまの紙としては

ライトスタッフ・ヴァンヌーボ・Mr.B・ミセスBなどの仕上がりを

一部意識しているところもあるようにも感じるタケムラ。

『MTA+ -FS』が意識するアート紙よりも上のランクの仕上がりは、

是非当社の無料サンプルをご請求いただき、

手にとってご確認いただきたく思います(^^)


『MTA+ -FS』は、フライヤー系の印刷用紙として、

斤量は90kg・110kg・135kg(いずれも四六判換算)のものをご用意いたしました。


皆さまのご利用、心よりお待ちしております(・∀・)♪


なお、今回の新しい紙種のサンプルにつきましては、

現在急ピッチで製造を行っております。

新しい紙サンプルのご請求が可能になり次第

ホームページなどでお知らせさせていただきますので、

ご面倒をおかけいたしますが、

今しばらくお時間をいただきましたら幸いです。


  • 投稿者:
  •  日時:
  •  カテゴリ: