新鳥の子 雪

10_05_24NO391.jpg


4月11日より紙種のラインナップがさらに増えた、「印刷通販®」graphic。

その中から、今回は『新鳥の子 雪』をご紹介します(・ω・)


伝統的な和紙で有名な鳥の子。

平安時代の頃から雁皮が原料の紙のことを「鳥の子」と呼んでいた記録もあるようです。

生成りの紙白が特徴で詠草に写経、公文書など

上流層が好んで利用する紙でもあったそう。

今回グラフィックが取り扱う『新鳥の子』は機械漉きではありますが、

和紙の鳥の子の意識した柔らかな風合いと質感を残しつつ、

印刷適性を持たせた和紙風の用紙です。


ちなみに非塗工の紙である『新鳥の子』。

他の和紙系の印刷紙と同様に、

高い色再現が求められるような印刷はあまり得意ではありません。

また紙表面の凹凸もあるので、

新局紙(しんきょくし)に似た、ちょっとかすれた感じの表現をもっています。

より紙白を多くとるような印刷の方が、

新鳥の子の雰囲気をうまく活かせそうな気がしますが、

皆さまならどのように使ってみたいと思いますか?


当社ではカード系で和紙系の印刷用紙として、

斤量は135kg(四六判換算)のものをご用意させていただいております。

また、新鳥の子には本来の生成りを始め、いくつかの紙白が用意されていますが、

今回はその中でも特に白さが際立つ『新鳥の子 雪』を選択させていただきました。

和紙系の印刷用紙のラインナップがますます広がる『新鳥の子 雪』。

皆さまのご利用、心よりお待ちしております(^_-)-☆

【資料請求窓口】
 https://www.graphic.jp/material/#

 ※資料請求窓口では会員登録されているお客さまと
  非会員のお客さまとでご請求できる資料が異なります。
  今回追加しました新しい紙種につきましては
  会員登録されているお客さまよりご請求できますので、
  あしからずご了承ください。
  会員登録(無料)のページはこちらから

  • 投稿者:
  •  日時:
  •  カテゴリ: