Takeo Paper Show 2010

10_04_26NO384_1.jpg

約一週間前の4月18日、東京に行ったタケムラ。向かった先は丸ビルホールの7階。ファンシーペーパーの取り扱いで有名な、株式会社竹尾さん主催の《Takeo Paper Show 2010》を見に行ってきました(・ω・)

タケムラが竹尾さんのペーパーショウに初めて行ったのは2008年。ペーパーショウに行くなら東京が面白いよ、と紙の問屋さんからのアドバイスもあって行ったのですが、当時から紙のことをもっともっと知りたいと思っていたタケムラ。ペーパーショウはまさに目からウロコ状態のイベントで、紙のことをますます好きになったきっかけでもありました。昨年は《言葉のペーパーショウ》ということで紙の展示がなく、かつ事前予約の抽選になりましたが、残念ながらその抽選にも外れたタケムラ。2010年のペーパーショウは装いも新たにスタートするとのことで、かつ東京では今回も日曜開催されるとのこと。久しぶりの東京見物も兼ねて朝からドキドキワクワク状態で丸ビルホールに向かった次第なんです(・∀・)

丸ビルホール7階の受付でチケットを渡し、スタッフさんに促されて入ったのは「紙のトンネル」。これまでのような紙製品の展示がないのでアレアレ??ってカンジだったのですが、今年のペーパーショウのコンセプトは【proto-】。《「原始」「原型」などの「原」を意味する「proto-」をキーワードに、紙本来のあり方、そこに秘められた可能性と紙が持つ真の力を実感する、体験型のペーパーショウを展開します》(Takeo Paper Show 2010コンセプトより引用)ということで、紙の原点に帰った上でヒトと紙の関わりを感じてもらうといった、タイトル通りの《感じるペーパーショウ》でした。トンネルの他にも紙で構成されるさまざまなオブジェがとても印象に残りました。なお今年は写真撮影はNG。なので前回のブログのときのように会場内の写真はありません。
 ※会場内の写真と説明は竹尾さんのホームページでご紹介されていますので、詳しくは竹尾さんのペーパーショウの紹介ページをご覧ください。

紙製品の展示スペースは一昨年と比べると少し規模が小さかったのですが、人気の紙製品を始め、新登場や開発中の紙製品などが展示されていました。また、当社でもおなじみのアラベール/ヴァンヌーボスムース/インバーコートなどの見本も展示されていて、印刷状態を確認したりスタッフさんから紙についての詳しい説明も聞けて、とても勉強になりました(^^)v


10_04_26NO384_2.jpg


また、今回受付で配布された会場案内は、竹尾さんいわく“ねじれ折り”仕様になっていました。画像でお見せすると上のようなカンジ。「折りスジが入っていて、16通りに折れる」とは会場案内担当の竹尾さんスタッフのお言葉。ペーパーショウを一通り見終わったタケムラ。会場内でしばらくねじれ折りと格闘していました(^^ゞ 折りの向きが分からないので反対に折ったりとか試行錯誤を繰り返しましたが、ひょんなところからまるで知恵の輪が外れたようにねじれ折りができたんです! こういうのってちょっとウレシイですよね(^^) 同時に折りを加えることで違って見える紙の表現力を改めて感じた次第です(・∀・)

ペーパーショウを見終わってからは丸ビルホールの階下でお昼ごはんを食べたタケムラ。一昨年はペーパーショウを見たほかは特に寄ることなく京都に帰ったので、丸ビルの中にどんなお店があるのか実は全然知らない状態。帰りの新幹線まで時間があったので、まずは丸ビルの中をブラブラしてました。途中の雑貨屋さんで通勤カバンに良さげなのを見つけて買おうかどうか迷いつつ、それでもまだ時間はあったので、丸ビルを出てブラブラ歩きながら有楽町を抜けて向かった先はアップルストア銀座。銀座って東京駅から歩いて行ける距離なんですね(^^) アップルストア銀座はとても混雑していましたが、話題のiPadの実機が見れるかなと少し期待したものの残念ながら見当たらず。外国人の店員さんと日本語でいろいろハナシをしながら、MacのちょっとしたTipsも教えてもらいつつ、結局何も買いませんでした。店員さん、タケムラとのハナシに付き合ってくれてありがとうm(__)m 時間があれば上野や渋谷あたりにも足を伸ばしてみたいなと思いましたが、結局寄らずに東京駅に戻って夕方近くに京都に帰りました(^^ゞ

ちなみにTakeo Paper Show 2010は、5月27日~29日に大阪でも実施されます。今年から会場を松下IMPホールに変えて実施されるため、一昨年とはまた違った雰囲気で見ることができるかもしれません。タケムラも仕事のスケジュールを確認しつつ、こちらも是非見に行ってみたいと思います(^^)

ペーパーショウのような紙をメインに取り上げるイベントはなかなかないだけに、いつも見る紙を違った面から見たり触れたりすることができて、ますます紙のことが好きになったタケムラ。今回のペーパーショウで見聞きしたことや得たことなども含めて、当社をご利用になるお客さまに対し、紙と印刷についてさらに理解を深めてもらえるようなご案内ができればいいなと思っていますo(^∇^o)(o^∇^)o

  • 投稿者:
  •  日時:
  •  カテゴリ: