タイヤ交換

10_04_15NO381.jpg

先日クルマのタイヤを交換したタケムラ。約6万キロ走って初めての交換でした(・ω・)

タイヤ交換に当たってはネットでいろいろ調べましたが、メーカーのサイトはもとより、タイヤ専門のサイトやレビュー記事にインプレッションなど、いろんな情報が多いこと多いこと。そんな中、タケムラのクルマのこともいろいろ調べたのですが、純正サイズで装着できるタイヤがけっこう限られるようで、その時点で選択肢が大分絞られてきました。さらに調べるといくつかのエコタイヤが選択できるらしく、これはこれで結構コストパフォーマンスが高く選ぶ人も多いとのこと。燃費的にも良さそうなので、これを機にエコタイヤを選んでみようと思ったタケムラ。候補をいくつかに絞ってタイヤショップ探しが始まりました(・ ω・)

今はネットでほとんどのものが手に入る時代。クルマのタイヤもネットでかなり安いく買えます。ただ、クルマは過去に何台か乗り換えましたが、実はタイヤを履き替えたことは今まで一度もなかったタケムラ。さすがにタイヤをネットで買うには今の時点ではハードルが高く感じられました(一応印刷ネット通販の店長をやってますが(^^ゞ)。こればかりはモノを見てからタイヤを替えたいと思い、カー用品店や近所のタイヤ専門店とかに足を運んだのですが、最終的に決めたのは近所のタイヤ専門店でした。店長さんからいろいろとアドバイスをいただけたほか、こちらの意向も聞いていただいて、いろいろと調べてくれたりしたのがウレシかったです。もちろんほかのショップより安かったこともあるのですが、近所なのでいろいろと聞きに行けることも選んだ決め手でした(・∀・)

タイヤ交換の日は朝からクルマを乗り入れ。「6万キロ近くも走ってる割には結構長持ちしてはりましたね」とはタイヤショップの店長さん。たとえ社交辞令でもそう言ってもらえるとウレシいものです一応タイヤの片減りには気を遣って走ってましたし、ガソリンスタンドに行ったとき空気圧はマメにチェックしてたのと、タイヤローテーションも一応5000 キロごと行ってました。でもスリップサインが出はじめてきたので、どこかのタイミングを見計らって交換したいなと思っていた次第。実は必要に迫られたタイヤ交換だったんです。乗り入れてから約30分でタイヤ交換は終了。店長さん自らタイヤを取り付けていただいたりしたほか、空気圧についてもアドバイスをいただきタケムラのクルマの車種も勘案して最適と思われる数値に設定してもらいました(^^)v

タイヤ交換後は早速ひとりドライブを敢行。朝早くタイヤ交換したのは早く走りたかったからなんです(^^ゞ ルートは《国道1号線→国道161号線(西大津バイパス経由)→国道303号線→国道8号線》を走って一般道で滋賀県の長浜まで行き、長浜から高速道路に乗って《北陸自動車道→名神高速道路》を通って帰りました。距離にして約200キロ。おおざっぱに琵琶湖を一周したカンジでしょうか(^^ゞ 新しいタイヤはオンロード重視に設計されていることもあり、ロードノイズはかなり静か目。タイヤが新しいこともあるでしょうが、感覚的に新車で買ったときに装着されていたタイヤよりも静かで、かつグリップ力にも優れているように感じました。これらはネットのレビュー記事の評判どおりかそれ以上。その後しばらく乗っていて分かったことは、燃費が前のタイヤよりもさらに10%以上も向上していました。さすがはエコタイヤ。タイヤは正直なところ高い買い物ですが、今回はディーラーや別のショップで買い替えるよりかなり割安でしたし、ショップの店長もいい人で、いい買い物ができたと満足度の高かったタケムラ。これでまたクルマでいろいろ遠出できそうです(^^ゞ

ちなみにショップでタイヤ交換を待っている間、いろいろなタイヤのカタログを見ましたが、タイヤって黒いので、印刷で黒潰れしないように撮影でのライティングの工夫や質感を出すための画像処理の工夫などいろいろあるんですよね。かつて制作のときにタイヤショップのチラシのデザインに参加したことがあったので、そのときのことも思い出しながら見てましたが、これまた職業病と言われそう(^^ゞ

  • 投稿者:
  •  日時:
  •  カテゴリ: