新時代の最高級美術プリント《ジークレー・ド・グラフィック》登場

10_03_11NO371.jpg


インターネットの印刷通販サービスのパイオニアである、「印刷通販®」graphic。

おかげさまで、オフセットやオンデマンド印刷を中心に、最近では紙以外にも印刷できるオリジナルグッズ工房と、厚いご支持をいただいております。

そんな中、今月より満を持して《ジークレー・ド・グラフィック》が登場しました。こちらは絵画やイラスト、写真などのアート作品を、最新のデジタルプリント技術で美術用紙やキャンバスなどの高級素材に忠実に複製するサービスなのですが、どんな印刷サービスなのか気になる方も多いはず。タケムラ目線ながら早速ご案内してみたいと思います!

その前に、美術超初心者のタケムラの勉強もかねて、まずはごくごく初歩的なところから(スミマセンm(__)m)。絵画には直接手書きされる技法のほかに、版を作って紙などに転写する「版画」があります。手書きと版画の決定的な違いは、複製が作れること。そして、その版の作り方や転写方法には実にさまざまな方法があるんです。水と油の反発作用を利用した「リトグラフ」、絹のスクリーンを使用してインクを落とす「シルクスクリーン」などはその代表と言っていいでしょう。

これらの版画の版にはそれぞれ作り方がありますが、そのためのお時間や手間に対してコストが相応にかかってくるほか、ノウハウも必要になってきます。

今回グラフィックが提唱する《ジークレー・ド・グラフィック》では、これらの版を必要としません。「ジークレー」はフランス語で「吹き付けて色をつける」という意味。絵画やイラスト、写真などのアート作品をデジタルデータに変換して、上質なキャンバスや版画用紙、高級写真用紙や和紙などの最高級の素材に、RGBベースの12色のインキを使って高精細で広色域、しかも150年〜250年規模(※)の高い保存性を誇る、ミュージアム・クオリティの顔料プリントを施します。

また《ジークレー・ド・グラフィック》では入力(撮影)から出力(プリント)までを一括管理する、最新鋭の超高精細絵画複製システムを日本国内で初めて導入しました。絵画やイラスト、写真などのアート作品を、正確な色、均一な周辺光量調整、ライティングによる立体的な演出を高次元で実現し、スタジオ撮影やスキャニングなどでデジタルデータに変換し、極めてオリジナルに忠実な複製画を作成できます。もちろん、デジタルデータで作成された作品であれば、入力作業は不要で出力からご利用いただけます。

プリント素材には、世界中から集めた最高級の素材を厳選してラインナップ。例えば、ピカソやミロが使用しナポレオンが愛したとされるフランス製高級美術紙「アルシェ」や、1300年の歴史を持つ徳島産和紙「阿波紙」、英国製バライタ写真用紙「ハーマン」、米国製プロフェッショナル「キャンバス」など、作品の個性を充分に表現する最高級のものを取り揃えています。

このほか、作品の保存性を向上させる“アーカイブ加工”、作品をより豪華に演出する“額装・マウント加工”などもオプションでご用意。《ジークレー・ド・グラフィック》をさまざまなオプションで演出できます。

と、ここまでご覧になって、印刷と何が違うの? と気になる方もおられるところでしょう。《ジークレー・ド・グラフィック》と、ポスターなどの印刷で最も大きく違うところ。それは作家さま自身が監修を行い、プリント工房(グラフィック)と共同で作り上げる作品という点です。音楽業界に例えると、作家さまはミュージシャンで、プリント工房(グラフィック)はレコーディングエンジニアにあたります。

ご希望であれば、撮影や立ち会いプルーフ・色調整・フォトレタッチにお立ち会いいただくことも可能であるほか(※2)、ロゴを刻印した証明書をお付けしております。証明書は、当社の“ジークレー・ド・グラフィック”の技法で刷られた作品であることを証明するものであり、アーティストご本人さまが監修(認定)した美術作品であることを表します。

いかがでしょうか?
ALL in ONEのグラフィックだからこそ提供できる、全く新しいサービス《ジークレー・ド・グラフィック》。リトグラフ、シルクスクリーンに続く、現代アーティストのための新たな表現技法を、是非グラフィックでご利用ください。


(※)一般的なガラス内に展示した場合の耐光年数期待値。当社取り扱い用紙の多くが、高い保存性を実証しています〈Wilhelm Imaging Research,Inc.調べ〉。

(※2)日程などを予めご相談ください。【完全予約制】 【場所:グラフィック西院店】