プロ野球開幕2010

10_03_18NO373.gif

今年は冬季オリンピックに話題を奪われ、あたかも陰に隠れたように見えたプロ野球。去年の今頃はWBCで大盛り上がりだったので、少し寂しかったタケムラでしたが、ここにきて各球団の主力が調子を上げてきて、気がつけば(!?)今週末はもうプロ野球開幕です(・ω・)


毎年桜の開花時期前後に開幕されていたように思うプロ野球の開幕。今年は、あさっての3月20日にパ・リーグ、来週3月26日にセ・リーグが開幕します。おそらく来週も桜はまだ開花していないだろうと思われる、ちょっと早めの開幕。ということで、今回はタケムラなりに今年のプロ野球を予想してみようと思います(・∀・)


●パ・リーグ
一昨年の覇者である埼玉西武ライオンズがまさかの失速で、終盤まで混迷を極めた昨年のパ・リーグ。昨年のリーグ覇者の北海道日本ハムファイターズは、WBCでも日本のエースとして活躍を見せたダルビッシュ有投手をはじめ、攻守のバランスの良さと言う点ではおそらくリーグ1。今年のリーグ優勝候補の筆頭と言ってもいいでしょう。4年目を迎える中田翔選手の飛躍も楽しみですが、気になるのはクローザーの武田久投手。昨年は絶対的守護神として活躍しながら、日本シリーズは読売ジャイアンツ相手にいいとこなしで終わったので、その影響が出ないか気がかりです。
一方で、昨年の高校野球の目玉でもあった菊池雄星投手(登録名:雄星投手)が入団し、話題が何かと雄星投手一色だった埼玉西武ライオンズ。残念ながら、開幕は2軍スタートとなるようですが、いずれはリーグを代表する投手への成長が期待されているだけに、今年1軍に顔を出してくれるかどうかが気になるところ。最多勝を取った涌井秀章投手を始めとする投手陣と機動力にすぐれた攻撃陣がバランスよく充実しているだけに、雄星投手次第でライオンズの成績が左右されるかもしれません。
ライオンズとファイターズ、この2球団を東北楽天イーグルス、福岡ソフトバンクホークス、千葉ロッテマリーンズ、オリックスバファローズが追いかけそうな気がします。


●セ・リーグ
WBC世界一に始まり、読売ジャイアンツ日本一と、何かと原辰徳監督に注目が集まった昨年のセ・リーグ。リーグ3連覇を果たしたジャイアンツは、戦力を見る限り選手のケガさえなければこのままリーグ4連覇を獲りそうな勢いです。気になるのは、セットアッパーの山口鉄也投手がスターターに回ったこと。ジャイアンツの投手陣は、完投勝利が少ないだけにセットアッパーの山口投手にかかる負担がとても大きかった分、彼の不在を生え抜きの越智大祐投手や金刃憲人投手たち、元大リーガーの小林雅英投手などで、どこまで穴埋めできるかがカギを握っています。打撃陣では、軸となる阿部慎之助選手をはじめ小笠原道大選手やアレックス・ラミレス選手に、昨年のような活躍が望めるのかどうかが結果を左右するように思います。
対抗馬としてはやはり中日ドラゴンズでしょう。個々の選手を見てみると、打点とホームランの2冠王トニ・ブランコ選手を始め、100打点をマークした森野将彦選手、最多勝を挙げた吉見一起投手に絶対的守護神の岩瀬仁紀投手など、個々ではジャイアンツの選手を上回る成績を残している選手たちが多くいます。投打の戦力さえかみ合えばジャイアンツと五分以上に戦える存在になることは間違いありません。
あと、城島健司選手獲得で戦力アップが期待できる阪神タイガースは、投手陣に軸となる選手がいないだけに、そこが解決できれば上位に食い込んでくることでしょう。
そのほか、東京ヤクルトスワローズ、広島東洋カープ、横浜ベイスターズも展開次第では上位に食い込んでくるかもしれません。


ただ、この手の予想は毎年なかなか当たらないのが定番。選手の大化けもあればケガがあるかもしれないし何が起こるかわかりません。どの選手もケガなく無事に今シーズンを送ってほしいですね。タケムラ個人としては、今年に復活をかけるジャイアンツの高橋由伸選手に注目。そして同時に、プロ野球全体が盛り上がってくれることを期待していますo(^∇^o)(o^∇^)o

  • 投稿者:
  •  日時:
  •  カテゴリ: