“アート・ダイブ”初開催!

09_12_17NO348_1.JPG09_12_17NO348_2.jpg


いつも店長日記をご覧いただきありがとうございます。今回は店長・タケムラの代役で、わたくし広報スタッフのサノがイベントに行ってまいりましたので、その話題をご紹介したいと思います。どうぞよろしくお願いします!m(^_^)m

さて、そのイベントというのは12月12日(土)・13日(日)に京都市左京区の「みやこめっせ」で行われた「Kyoto Art Festa 2009 artDive(アート・ダイブ)」。若手クリエーター約200名が作品の展示や販売を行うという京都発のアートイベントです。出展ジャンルはさまざまで、イラストレーション、グラフィックデザイン、造形、陶芸、ファッションなどなど、ホントにイロイロでした。会場は、若いクリエーターのパワーと、アートに触れようと訪れたお客さんの熱気で大盛況!\(^_^)/

実はこのイベントに、当社は「協賛企業」というかたちで参入させていただきました。クリエーターの中には、当社の印刷サービスをご利用いただいている方も多数いらっしゃいますし、そういった方々の情報発信や交流を応援することは、当社としても大変意義深いことだと考えています。また「印刷通販®」graphicでは通常インターネットや電話でのやり取りがメインなので、このようなイベントは、クリエーターと顔を合わせて直接お話ができる楽しい機会でもあります。そんなわけで、開催前からこちらもワクワク、とても楽しみにしていたイベントだったんです。


09_12_17NO348_3.jpg09_12_17NO348_4.jpg

(左)会場は「アートの縁日」といった和やかな雰囲気。心魅かれる作品の数々が並びました。
(右)イベント運営スタッフの皆さん。関西の美大生が中心となってアートな仕掛けをしています。


会場をくまなく回り、いろんな方のブースにおじゃましました。創作のことや印刷のことなど、楽しいお話しをたくさんお聞かせいただき、その節はありがとうございましたm(^_^)m・・・と、この場をかりてぜひお礼を申し上げたいです!中には販売用のポストカードや冊子を「これ、グラフィックさんで印刷しました!」とか、「いつも注文させてもらってます!」と、嬉しい言葉を掛けてくださる方がたくさんいらっしゃって、重ね重ね感謝です。\(^^\)(/^^)/
今回は私を含め、取材を兼ねてスタッフ4人で会場におじゃましたのですが、なんやかんやと話が弾み、また作品を見たり、それぞれお気に入りのグッズを買い求めたりと・・・、気がついてみればほぼ終日イベント会場を巡っていました。でもああいう熱気の中にいると、ホントに一日なんてあっという間ですね。


09_12_17NO348_5.JPG09_12_17NO348_6.jpg

(左)ライブペイントに挑戦した藤井MARYさん。見るたびに違う作品になっていく(!?)迫力ですね〜。
(右)「ブタ&ブッダ」は楽土(Raku-Do)さんの陶芸作品。その発想、ステキです!


今回のアートダイブ、「ものづくり」にかけるクリエーターの気持ちがヒシヒシと伝わり、すごく刺激になりましたし、そういう気持ちに応えられるように、品質、価格、サービスの種類など、皆さんのシビアな要望にも添えるような印刷サービスを、当社でさらに充実させていければ・・・と、あらためて気持ちを引き締めた次第です。
アートには創る楽しみと同時に、コミュニケーションする楽しみがあります。アイディアは、形にして初めて人に伝えることができます。私たちグラフィックの印刷も、クリエーターの創作過程の一つであって、最終的に「誰かに何かを伝える」という同じ目的を共有しています。クリエーターのアイディアと私たちの印刷技術の相乗効果で「伝わるツール」を創ることによって、これからも良いコミュニケーションが生みだせるように頑張りたいと思います。そしてクリエーターの方々の今後のご活躍を期待しています!!\(*⌒0⌒)b
※「アート・ダイブ」次回開催は2010年5月の予定。