WWDC(World Wide Developers Conference)2009

09_06_18NO297.gif


アメリカはカリフォルニア州サンフランシスコで8日から11日(現地時間)、世界中のアップル関連製品の開発者を集めた「World Wide Developers Conference(WWDC)」が開催されていましたね(・∀・)

今年は新しいiPhoneのリリースが注目されていただけに、4月末にはWWDC2009のチケットが完売するほど人気があったそうです。WWDCは本来開発者に向けてアップルの技術的な指針を示す会議なので、新商品が発表される機会に思われがちですが(タケムラも新製品発表だと思っていました)、アップルが参加する(主催する)カンファレンスが少なくなっていることを考えると、WWDCでアップルへの関心が集まるのも致し方がないところなのでしょう(・ω・)

実際のところ、過去5年のWWDCで主な内容を振り返ったとき、
 WWDC2004 Tiger(MacOSX 10.4)のプレビュー
 WWDC2005 プロセッサがPowerPCからIntelに移行することを発表
 WWDC2006 Leopard(MacOSX 10.5)プレビューとMac Proの発表
 WWDC2007 Windows対応のSafariの発表
 WWDC2008 iPhone 3Gの発表

などの発表がなされています。これらを見ていくと、今年のWWDC2009ではどんな発表がなされるのか、注目されるところでもありますよね(・∀・)


さて今回のWWDC2009。全く新しい何かが発表されたわけではなかったのですが、気になる発表がいろいろありました。その中でタケムラの気になったところをツラツラと書いてみました(^^ゞ

製品的なところで、まず気になったのが【MacBook Pro】。
SDカードスロット搭載でExpressCardのスロットが一部のモデルでは廃止になるようです。Windowsマシンでは大体のマシンにSDカードスロットが搭載されていますので、ようやくってカンジでしょうか。ただSDカードは新しい規格がどんどん出てきてるので、現在策定中と言われるSDカードの上位規格《SDXC》が対応するのかどうするのかは気になるトコロ。SDXCだと最大容量が2TBまで拡大できるらしいので、内蔵HDやSSDの代わりに使えちゃうことも期待できますし。まあMacOSXレベルでの対応云々はまだ表明されてませんし、SDXCはまだ策定中の規格なので、いいほうに期待したいトコロです(*^ー^*)

次に気になったのは【iPhone 3G S】。
外観的な変化はないものの、動作速度が2倍に上がったり、カメラ性能の向上など、内部的なパフォーマンスがかなり改善されているようですね。新機能の《ボイスコントロール》も気になるトコロ。ソフトバンクが前モデルのiPhone 3Gをかなり格安で販売していたので、かなり心がグラグラ来ていたタケムラですが、今月26日に発売される今回のモデルもかなり魅力的です(≧∀≦) うーん……

あと気になったのは、Snow Leopard(MacOSX 10.6)の発売が9月予定となったところ。
MacOSXとしてはメジャーアップグレードになるSnow Leopard(MacOSX 10.6)ですが、Leopard(MacOSX 10.5)をブラッシュアップしたバージョンの位置付けとなることからか、Leopardから29ドルアップグレードでの販売も行うとのこと。米ドル100円換算でいくと2900円。 対象はLeopard(MacOSX 10.5)のパッケージ購入ユーザになるのかどうかはわかりませんが、一応Leopard(MacOSX 10.5)ユーザのタケムラ。少し期待しています(^^ゞ

また、時期を同じくしてSafari 4の正規版がリリース発表されましたね。
こちらは現行のSafari 3と比べて、JavaScriptの実行速度を約4.5倍高速化したとのこと。新しもの好きのタケムラ。すでにアップルのサイトにアップされているので、早速ウチのMacにSafari 4のMac版をインストールしました。細かいことはよくわからないけど、かなり快適に動作しています。よく使うサイトをビジュアル化した[Top Sites]の表示もなかなかカッコいい。この調子でBootCamp環境のWinXPSP3にもSafari4のWin版にインストールしましたが、何とメニュー表示まで文字化け…… このことはベータ版から問題になってたそうですが、アップルからこの不具合に関するアナウンスが見当たりません。ただ「safari 4 文字化け」でググると対処方法が見つかります(*^ー^*) 何らかのアナウンスは欲しいところですよね(^^ゞ

ちなみにこれまでのWWDCの基調スピーチは、アップルCEOのスティーブ・ジョブス氏が勤めていましたが、現在は療養休暇中のために、今回のWWDC2009は上級副社長のフィル・シラー氏をはじめとするアップルの幹部が担当しました。ただ、別報道ながらジョブス氏は6月末頃には復帰と言われています。アップルのカンファレンスでジョブス氏を見かける機会は今年はあまりないかもしれませんが、来年のWWDC2010には元気な姿をまた見せてほしいものです(^_-)-☆

【Apple Developer Connection - Worldwide Developers Conference 2009】
 http://developer.apple.com/jp/wwdc/

  • 投稿者:
  •  日時:
  •  カテゴリ: