STEC Solution Seminar 2009

09_05_25NO290.jpg

前回のブログの最後で少しお話ししましたが、先日5月20日、大阪阪急グランドビルで、株式会社エステックさま主催のセミナー『STEC Solution Seminar 2009』にプレゼンターとして出席させていただきました(・∀・)

今回のセミナーは、エステックさまが1年のうちで何度か定期的に催されているうちのひとつ。当初はアドビシステムズさまとの共同でCS4とPDFをテーマに実施される予定だったようです。その中で当社が今年2月にPAGE2009でアドビシステムズさまのセミナーに参加してPDFとCS4に関するプレゼンテーションを行ったことと、当社が現在PDF/X-1aによるご利用を推奨していることもあって、お声をかけていただき今回の運びとなりました。先のブログで「keynoteを使って資料を作っていた」というのも、このセミナーに向けた準備だったんです(^^)v

セミナー全体のテーマは《CS4+PDFで勝ち抜けろ!!》。その中で当社は『CS+PDFでコストダウン』というテーマを掲げさせていただき、アドビシステムズさま、当社、エステックさまの順でお話しさせていただきました(*^ー^*)

当社のセミナー内容としては、60分の持ち時間の中で、まず営業部長から昨今の印刷を取り巻く状況について20分ほどお話しさせていただいたのち、タケムラからはCS+PDFを利用してコストダウンを図る背景と印刷通販を利用するメリットやPDFを作る上で必要なご案内などをさせていただきました。当社をご利用のお客さまや、当ブログをご覧の皆さまの中にも今回のセミナーにご出席いただいた方がいらっしゃるかもしれません。ご静聴いただきありがとうございましたm(__)m

それにしても100人以上の人前で話すのってPAGE2009のアドビシステムズさまのセミナー以来だったタケムラ。例のインフルエンザの件もあり出席される方に若干の変動があったそうですが、それでもたくさんの方々がお見えになりました。正直なところしゃべりは得意じゃないので、緊張していたこともありお聞き苦しいところが多々あったんじゃないかなと思います。また、限られた時間でのプレゼンということで話す内容や段取りはあらかじめ決めて何度か練習したのですが、いざ本番となるとなかなか順調に運ばなかったこともありました。たとえば、当社で開発している機能をご紹介するデモンストレーションの際、予期せぬトラブルが発生したため、結局途中までしかご披露できませんでした。これらは何らかの機会でご紹介できればと思います。タケムラ自身もプレゼン2回目にもかかわらず、持ち時間を勘違いしていました。現場を経験している者としての目線でもっとご案内できる内容もあると思っていますので、今よりももっともっと向上してご案内できるように努めて行きたいと思います(・∀・)

にしても壇上でピンマイクがしっくりこなかったタケムラ。途中でハンドマイクに代えていただいたのですが、結局これで話し通したものの、ずっと違和感を感じていました。そしてセミナーが終わって次のスピーカーの方にマイクをお渡しして話している姿を見たとき、ハッとしました。タケムラがマイクを持つ手がカラオケで唄うスタイルになっていることに気づいたんです(≧∀≦) その時はかなり恥ずかしくなりましたが、習慣って怖いなぁと思いました。最近カラオケは行ってませんが、プレゼンのときはマイクを立てて持つスタイルにするなど変えた方がいいかもしれません。個人的には両手の空くインカムがいいのですけどね(^^ゞ

ちなみに今回の画像は携帯写メで、当社の前にプレゼンされたアドビシステムズさまのひとコマです。

プレゼンでご紹介されたAdobeBridge、もっと使いこなしてみますd(≧∀≦)b