エアパッドの緩衝材

08_10_14NO229_1.jpg


クシャクシャの紙と大きなプチプチのようなもの。なんだかわかりますか?

これ、当社が発送の際に使用している緩衝材なんです。左は「クラフト紙」、右は「エアパッド」と呼んでいます!

従来よりクラフト紙を緩衝材として梱包の際に使用しているグラフィックですが、2008年10月1日以降に発送される印刷商品の一部の梱包より、エアパッドの緩衝材を順次利用させていただいております!!

エアパッドの緩衝材を利用する背景としましては、

・配送時の対衝撃性の向上

・発送作業の迅速化をはかるための詰め込み時間削減


などが挙げられます。


08_10_14NO229_2.jpg

左から緩衝材なし、クラフト紙の緩衝材を封入、エアパッドによる緩衝材を封入


このほかクラフト紙の緩衝材には丸めて封入するという性質上、運送中にすき間が空いてくることがまれにあり、それによる印刷商品への影響も当社が懸念する問題のひとつとなっておりました。すき間が空くことによる衝撃を低減させるためにも、新しい緩衝材を検討する必要があったのです。

ただ、すべての印刷商品にエアパッドの緩衝材を適用するわけではなく、印刷商品の形状や大きさ、それに梱包する箱の大きさなどによってクラフト紙で対応する場合もあります。
印刷品質だけでなく、包装も含めてすべてがグラフィックの品質であると考えている当社では、通常に配送される状態でのお荷物で荷崩れ等の発生を未然に防止できるよう、安全確実にお届けするための発送のクオリティも高めてゆきたいと考えております。

印刷品質や対応はもちろんのこと、商品管理に携わるスタッフを中心として、梱包や発送においてもさまざまな取り組みを行いながら、これからも日々工夫と改善を行ってまいりたいと思っています(^^)

なお、エアパッドの緩衝材、素材はポリエチレン製となっております。封入されるエアは通常の空気となりますので、ゴミとして分別破棄される際には「プラのみ」としてお願いします。

ちなみにエアパッドの緩衝材が大きなプチプチのように見えたタケムラ。試しにプチプチのようにつぶそうとしたのですが、手でギューッと握っただけではプチッとつぶれてくれませんでした……! 緩衝材として優れていることを再確認したわけですが、同時にプチプチの代わりにはならないことも再確認できたタケムラなのでした(^^ゞ