エイブルCoC

08_09_08NO219.jpg


紙を作るための原材料となるパルプが、主に木材から生成されているのは有名なところです。この木材、針葉樹と広葉樹の二つに大きく分けることができますが、中でも針葉樹は繊維質が長いことから、クラフト紙などのような強度が必要な紙の原材料に使われることが多くあります。今回ご紹介する『エイブルCoC』も針葉樹が原材料の印刷用紙です。

バージンパルプ100%で構成される『エイブルCoC』。もともとこの紙は「Nエイブル」という名称で再生紙として有名だったのですが、紙質等を保ちつつ、FSC認証林パルプを含むバージンパルプだけで構成された紙として生まれ変わり、名称も『エイブルCoC』と改めて登場した経緯があります。

従来の「Nエイブル」のときもそうでしたが『エイブルCoC』が用いられることの多いのが封筒印刷。したがって当社でも『エイブルCoC』は封筒印刷の紙として導入させていただいております。

これまで当社での封筒印刷には『ケント紙』のみの取り扱いでしたが、『エイブルCoC』と比較すると、紙表面の平滑性では『ケント紙』のほうが若干高いものの、紙の強度となると逆に『エイブルCoC』のほうが高くなる特徴があるんです。

強度に優れながらも、白色度も高い『エイブルCoC』。当社では86kgと103kg(四六判換算)のものをご用意させていただきました。

封筒印刷に新しく加わった『エイブルCoC』をぜひよろしくお願いいたします!!


☆当社で使用している全ての紙種は、無料サンプルとしてご用意しております。印刷の仕上がりイメージを実際にお客さまご自身でお確かめいただけますので、是非無料サンプルをご請求ください!

【エイブルCoCを含めたサンプルのご請求はこちら】
 http://www.graphic.jp/material/index.html

※『エイブルCoC』は、平和紙業株式会社より発売されている紙銘柄です。


※この記事の文章および画像を、無断で転用することは固くお断りします。

  • 投稿者:
  •  日時:
  •  カテゴリ: