マーメイド(スノーホワイト)

08_08_21NO_214.jpg


ファンシーペーパーとして古くから親しまれている『マーメイド』。ついにグラフィックに登場しました!
ということで、今回は『マーメイド(スノーホワイト)』をご紹介します。

絵を描かれる方なら『マーメイド』という言葉を聞くと結構なじみ深いかもしれません。そう、画材の紙としてもマーメイドは有名なんです。

画材屋さんの紹介を見ていると、ラフ目の紙として紹介されている『マーメイド』ですが、そのとおりのラフなカンジでゴツゴツとした手触り感の紙表面が特徴の紙です。このゴツゴツ感、実は紙を製造する抄紙工程にその秘密が隠されています。

紙を製造する抄紙工程では、水に溶いたパルプが吹き付けられて原紙が形成されてゆきますが、『マーメイド』のようなゴツゴツ感を出すときは、そのあとに毛布のようなものを表面に押し当てるそうです。毛布状のものを押し当てることで水分を取る働きもあるそうなのですが、同時に「フェルトマーク」と呼ばれる毛布状の文様も付いて、あのゴツゴツ感が生まれるそうです。さらに『マーメイド』は紙表面に塗工剤を吹き付けず、紙自身にも圧力をかけずにふんわりと作るため、厚みのある嵩高な風合いの紙ができあがるのです。


ちなみに、当社で取り扱いのある紙の中で、同じような製造方法をとる紙としては『モデラトーンGAアイス』があげられます。『マーメイド』と見比べると、なるほど、同じようにゴツゴツした肌触りです。でもフェルトマークそのものは全然違うし、紙白や風合いも微妙に異なっています。このあたりは印刷見本を見比べていただくことでその違いをご体感いただけると思います。

色付きの紙としても有名な『マーメイド』ですが、その中で今回はあえて『マーメイド(スノーホワイト)』という白い紙を選択。カード系の印刷商品として、連量210kg(四六判換算)のものをご用意させていただきました。

この『マーメイド(スノーホワイト)』が当社で盛り上がってきたら、あるいは色付きの『マーメイド』導入にもつながるかもしれません。とタケムラは勝手に思ってるんですが、果たして……

皆様のご利用、お待ちしております!

☆当社で使用している全ての紙種は、無料サンプルとしてご用意しております。印刷の仕上がりイメージを実際にお客さまご自身でお確かめいただけますので、是非無料サンプルをご請求ください!

【マーメイド(スノーホワイト)を含めたサンプルのご請求はこちら】
http://www.graphic.jp/material/index.html

※マーメイドは、株式会社竹尾より発売されている紙銘柄です。

※この記事の文章および画像を、無断で転用することは固くお断りします。

  • 投稿者:
  •  日時:
  •  カテゴリ: