朝から雨降りだったある日のこと、そのときは突然やってきました。


「タケムラ、虹見えてるで! 写真、撮らへんの?」


日常業務をしていたところ、かつてブログの『プロから学ぶテクニック』シリーズの中で執筆いただいた画像管理課の課長から声をかけていただいたのです。

これは撮っとかなアカン! ということで早速デジカメ片手に撮影ポイントに向かうタケムラ。ほどなくして窓際に着くと、朝から降ってた雨もようやく上がって薄日が差している中、工場から向かって東側に、アーチじゃないけど確かに虹がクッキリと伸びてるじゃないですか! メッチャきれいやし! ということで、パチリ☆

虹に向かって左側手前の低い山の稜線上に見える、お城のような建物は伏見桃山城です。そんなに望遠出来ないカメラなので小さくしか見えませんが…

竹田工場は以前のブログ 『霧』『チャレンジ! 五山の送り火』 でもご紹介していますが、最上階からの見晴らしが結構いいので、仕事の合間にちょっとひと息ついて、外の景色を眺めることがあります。今回のようなきれいな景色をイメージ通りにカメラに収めるためには、「ここ!」という瞬間を逃さないこと、それからあとは撮り方次第というところなんですけどね(^^ゞ どうですか?今回はなかなかいいカンジでしょ??

ということで、何カットか虹を撮ってちょっとウレシイ気持ちで自分の席に戻ったタケムラ。休憩時間に画像をMacにコピーしてPhotoshopで見ているときに、課長が撮影された画像も見せてもらいました。おお、すげ! その中でタケムラがチョイスしたのがこれ。



地表からいいカンジで虹が伸びてます。さすが画像のプロフェッショナル! ありがとうございますm(__)m そして課長はこうおっしゃるのでした。


「それ、ひょっとしてブログに載せるの?」


そうです、課長。早速ブログに使わせていただきました(^^)v


◎画像はクリックしていただくと拡大表示されます。

  • 投稿者:
  •  日時:
  •  カテゴリ: