IGAS2007

印刷に関連したメーカーが集い、4年に1度開催されるIGAS(:アイガス)。国際的にも認知されている大規模な展示会で、開催年の今年は9月21日から27日まで東京ビッグサイトで催されていました。おそらくこのブログをご覧の皆さまの中にも、行かれた方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。

IGASって4年に1回だし一度行ってみたいなぁって思っていたタケムラ。開催期間に連休が含まれるので、個人で行ってみようかなぁ、なんて当初は秘かに思っていました。ところが、本来IGASに行く予定をされていた上司が都合でキャンセルになったこともあり、急遽タケムラにお声がかかったんです。もちろんタケムラの返事は「行きます!」ということで、今回のIGAS2007にはタケムラも行かせていただきました! やったぃ\(^^)/

東京ビッグサイトには、前のブログでも書いたデザインフェスタのお手伝いで行って以来2度目のタケムラ。とにかく大きいんですよね。前のときは西ホールだけで、それでもメッチャ大きく感じたのに、今回のIGASでは東京ビッグサイトの全ホールを使っての催しだったんです。それに4年に1度ということで、国内外の超有名どころも含めて各メーカーとも気合いの入り方がハンパじゃないというか、その熱気を感じつつ、工場長と製本責任者と一緒に回らせていただきました。

Photoshop CS3の『レイヤーの自動整列』を使ってパノラマ合成してみました(^^)v

なんせIGASに行くのは今回が初めてのタケムラ。ピンチヒッター的に行かせていただいたこともあり、本来上司が予定されていたところなどを回ったのですが、タケムラが見たかったところなども回らせてもらいました。途中当社が使用している機器メーカーさんのブースなども寄って、担当の方より今回展示されている機材を紹介していただいたり、こちらからの要望も伝えたりしたほか、IGASでしか手に入らないお宝的グッズなんかもいただいたりして、仕事といえどもちょっと得した気分になったりなんかして(^^ゞ (メーカーさまの関係でお教えできなくてスミマセン)

IGASでは印刷や製本に関する機器のほかに、DTPに関する機器やソリューションなども多数取り上げられていました。印刷やDTPなどでは、すでに完成に近いしくみが構築されつつありますが、例えば多色刷りにおける新たなしくみや多彩な製本加工など、現状からさらに付加価値を求めつつ、さらに省力化を図りつつあるのが、これまで見たり聞いたりしていた印刷などに関連するどの展示会よりも、より色濃くかつ詳しく表れていたような気がします。それはPostScript3からAPPEに進化しつつあるCS3を核としたDTP環境についても同じことが言えるのかもしれません。仕事にまつわる情報はこまめにチェックしているつもりのタケムラですが、今回のIGASに行ったことでまた新たな発見もありましたので、それらもまた詳しく調べつつ、日常の業務にも役立てたいと思いました(^^)

また、今回は新橋から『ゆりかもめ』で東京ビッグサイトに行ったこともあり、東京湾の景色も堪能させていただきました。ということで、ゆりかもめからパチリ☆


レインボーブリッジ
初めて見たんです! デカイ! そしてカッコイイ! 橋は2層構造になってて、ゆりかもめは下を通るんですね(^^)


ゆりかもめから見た東京ビッグサイト
会場のすぐ近くが海だったんですね。前は地下鉄でビッグサイトに行ったけど、周りが見えてなかったのか、全然気付きませんでした(^^ゞ

今度のIGASは2011年、4年後ということはタケムラの年齢が… ということはさておき、日帰りでしたが機会があったらまた行ってみたいと思った今日この頃です。


◎画像はクリックしていただくと拡大表示されます。