トンボ

国際的にはトリムマークとして呼ばれているトンボ。この名前の由来をみなさんはご存知ですか?

データの上下左右の中心部分にある十字型をしているセンタートンボが、昆虫のトンボと似ていることから名付けられました。十字型の他にカギカッコのような形が二重に重なったものがデータの4角部分にあります。こちらのトンボは、コーナートンボと呼ばれています。また印刷物によっては、折りトンボがあり、形は一本線で表されます。


トンボは、印刷物の制作を行う際に欠かすことのできない物差し的な存在なのですが、センタートンボとコーナートンボでは、共通の働きと違う働きがあります。共通の働きとして、プロセスカラーでの印刷は4色のインキをK・C・M・Yの順番に刷っていきますが、その印刷位置のズレを防ぐために、トンボを使って合わせます。

違う働きとして、センタートンボは両面印刷の際、表と裏の印刷位置がずれないよう合わせる役目があり、コーナートンボは、データ作成時の塗り足し位置と仕上がりサイズを示す役目をしています。コーナートンボの二重線は、外側が塗り足し線、内側が断裁線となりますが、断裁によって印刷物の端に白い部分が出ないようにするためにも、塗り足しは確保する必要があります。

また折りトンボは、印刷物の折り線を表す役目をしています。印刷物によって、折りトンボの有無、山折りや谷折りの指示や配置場所も異なってきますので、印刷物の表裏や天地左右などと併せて、明確にご指示いただく必要があります。

したがって、データ入稿の際にはトンボをつけていただきますようお願いします(Officeデータなどの場合を除く)。また、データの作成に便利なテンプレートもご用意しております。テンプレートでは、トンボのほかに天地や表裏の指示なども含まれておりますので、ぜひご活用ください。

今でこそIllustratorのフィルタ機能を使って、簡単にトンボを作ることができるようになりましたが、
かつてはトンボシールや、ペンを使ったアナログ的な方法で作成されていました。一口にペンと言っても、烏口(からすぐち)という製図用具や、ロットリングという普通のペンよりも先端が細いものなど専用の道具があり、これらのペンできちんとした線を引くためには、ちゃんと使いこなせるだけの熟練した技術を必要としました。古くからデザインに携わってこられた方なら、うなずいていただける方も多いのではないでしょうか?

トンボについてはこちら。
http://www.graphic.jp/technical/print_trim.html

テンプレートはこちら。
http://www.graphic.jp/technical/dl.html


◎画像はクリックしていただくと拡大表示されます。