新型iMacと.Mac

最近のアップルは大人気のiPodのほかに、アメリカで発売されたiPhoneなどが大きく話題に取り上げられますが、もともとはオペレーションシステムとそれを動作させるためのハードウェアも開発する、ソフトとハードの両方を取り扱う数少ない会社でもあります。そんなアップルより新しい周辺機器が次々に発売される傍らで、Mac本体のモデルチェンジはないのかなぁと思っていた中、今回久しぶりにiMacがモデルチェンジしたのを見て、興味津々なのと同時にホッとされた方は多いのではないでしょうか? 一応Mac使いを自負してるタケムラもホッとしたうちの一人です。

iMacは今回のモデルチェンジでMac ProやMacBook Proのようにアルミ基調のデザインに移行しました。ディスプレイ一体型となる本体の厚みが前のiMacと比較して薄くなりましたが、アルミのシルバー基調のボディはシンプルかつ高級な印象を受けます。また、クリアディスプレイの標準採用をはじめ、アップルストアのカスタマイズでは、新型iMac発売日時点でIntelよりまだ発表されていない新型CPUが選択できたりなど、内容もかなりのスペックアップが図られているようです。

同時にキーボードも大幅にモデルチェンジし、新しい本体と同じくアルミ基調のデザインに変更されました。これまでのキーボードに比べて高級感がありますが、とても薄いのでキーストロークの違いなど使い勝手が気になるところです。とはいえ、ホコリや髪の毛とかが入り込んだら目立つ上になかなか掃除しづらかった前のキーボードの形状よりは、シンプルで掃除しやすいようにも思えます。

さて、自宅では古いMacを未だ現役で使い続けているタケムラですが、いよいよ買い換え時が訪れたのかなぁと2台のMacを見つめながら、久々に「Mac欲しい病」を発症してしまいそうな、でもサイフの中身を見ながらアップルストアのカスタマイズを繰り返しクリックしている今日この頃です(^^ゞ

そうそう、iMacの陰に隠れてあまり話題に上がりませんが、アップルが提供するオンラインサービス「.Mac」のサービス内容が、新型iMac発売とほぼ同時期に大幅グレードアップしているのも見逃せません。「.Mac」は年会費こそ必要になりますが、オンラインストレージが10GBまで大幅に拡張されたほか、様々なホスティングサービスが利用できるなど機能もかなり増えています。「.Mac」ユーザでもあるタケムラは、新しいMacにすぐに手が出せない分、むしろこっちの方がウレシイかもしれません(^^)


◎画像はクリックしていただくと拡大表示されます。

  • 投稿者:
  •  日時:
  •  カテゴリ: