ミラーケント紙

当社取り扱いの紙の中で、PPやニス打ち以外で最も表面に光沢を帯びているのが、今回ご紹介する『ミラーケント紙』です。この紙の大きな特徴は片面が別名ミラー面と呼ばれることもある光沢を帯びた塗工、反対面は非塗工の紙表面となっており、紙の表裏で加工が異なっていることです。

ミラー面の塗工は、通称「キャストコート」とも言われています。ベースペーパーの片面に塗工剤を塗布し、《キャストドラム》と呼ばれる大型の鏡面状のロールに押し当てられます。キャストドラムは100度以上の高温に熱せられているのですが、塗工された片面に超低速で押し当てられて乾燥して、ミラーケントの強光沢を帯びたミラー面が完成するのです。

ミラーケント紙の性質としては、何と言ってもミラー面の発色の良さと、ケント面の筆記性の良さが挙げられます。ミラー面は印刷特性に優れるほか、インキが乗ったところはややマット調に仕上がるため、絵柄や画像などを持ってくるととても映えます。かたやケント面はケント紙同様に色はかなり沈みますが、ここを宛名面などにすることで筆記特性を生かした使い方ができます。

ミラーケント紙はカード系の印刷商品にてご利用いただけます。印刷特性と筆記特性を併せ持った紙として、印刷ポストカードの定番感もあるミラーケント紙は、きっと気に入っていただけると思いますよ(^^)

☆当社で使用している全ての紙種は、無料サンプルとしてご用意しております。印刷の仕上がりイメージを実際にお客さまご自身で確かめていただけます! 是非無料サンプルをご請求ください!

ミラーケント紙を含めたサンプルのご請求はこちら。
http://www.graphic.jp/material/index.html



◎画像はクリックしていただくと拡大表示されます。

  • 投稿者:
  •  日時:
  •  カテゴリ: