ブログインタビュー ~プリントプロ店長編~ vol.2

(前回のお話)
――24時間営業で「印刷の駆け込み寺」的な役割を担っているプリントプロ。インターネットによる印刷通販にはない、独自の商品ラインナップについて、ワタナベ店長に聞いてみました。


タケムラ(以下Tと略):それでは次に、グラフッィク・印刷通販のほうには無い商品が、プリントプロさんにはたくさんありますよね?

07_05_01NO_79_1.jpgワタナベ(以下Wと略):オンデマンドで小ロットの商品を色々と出しています。グラフィック・印刷通販で扱っているオフセットの商品を、当店ではカラーレーザーを使い、小部数の印刷をします。それから、POP関係ですね。お店の看板などの販促グッズ。これは実際にリアルショップで見て触って実感していただけます。あとは、大判出力。水性用タイプと溶剤タイプがあります。屋内で展示するポスターの場合は水性用、屋外などで使う場合は耐候性。長期間使用する場合なんかは溶剤系のインクを使っています。さらに、これは当店のオススメ商品ですが、看板などの上から貼るためのシートで裏側に糊が付いている塩ビシートもあります。それをカッティングして、ステッカーとして使うことができます。ステッカーは、よく車やイベント時に貼りますが、結構丈夫な素材なのでサーフボードなんかにも貼れます。データをお作りいただければPOPから電飾看板まで、幅広く対応しています。

T:え?電飾看板なんかもあるんですか?

W:はい。これは普通のプリントショップの店頭には売ってないでしょう?しかも一般の看板屋さんに比べて、安価な料金でご提供しています。

07_05_01NO_79_2.jpgT:エーッ!?プリントプロには本当にいろんな商品があるわけですが、「こんなのがほしかった」というようなものをどんどん増やしておられますよね。

W:やはりお客様ありきで、お客様が希望している物を、生の声で聞く。そうしてご希望に添える商品を少しずつ増やしていければと思います。

T:実際オンラインストアなんかも「新しい紙種がほしい」といったお客様の意見を聞かないとはじまりませんしね。

W:「あの紙が気にかかる」といった人や「時間が無いから今すぐ印刷したい」という切羽詰まった方には、店頭に見に来ていただき、すでにデータもできている人であれば、即決でご注文していただいてます。それだけ当店にかかってくる期待感は年々幅広くなっています。だから印刷の駆け込み寺ってことで。

T:そうやって相談にのっていただけるということは、初心者の方にも安心ですね。

07_05_01NO_79_3.jpgW:初めて来るお客様も結構いらっしゃるのですが「印刷ってどうやって相談したらいいの?」っていう疑問があるみたいです。やはり、分かりやすい価格と説明、リアルに物を見て決断できることがリアルショップならではの形であり、スピーディーにお客様のご要望にこたえることができると思います。例えば「名刺を作りたいんだけど、どうしたらいいですか?」って聞かれたので、「データはお持ちですか?」って聞くと「いや、データって何?」っていう方もいらっしゃいます。また「展覧会のDMを作りたいんだけど写真があるけど、どうしたらいい?」っていう方には実費で一応制作までさせてもらいます。基本的に来ていただいたら可能な限りの対応はしますので。

(つづく)


【過去の記事一覧】
ブログインタビュー ~プリントプロ店長編~ vol.1

  • 投稿者:
  •  日時:
  •  カテゴリ: