AかBか?それが問題です

皆さま、フライヤーや冊子をつくる時に、A4判にしようかB5判にしようか・・・、なんて悩んだ経験はございませんか?コンパクトで扱いやすいのはB5判、版面を大きく使えて余裕のあるレイアウトができるのがA4判。さてどちらがいいんだろう?そもそも、どうして「A」と「B」という二つの規格があるんだう?・・・そんな疑問をお持ちの方のために、今回はそのあたりのお話しをさせていただきます。
今、一般的な用紙サイズの規格には、存知の通り「A判」と「B判」があります。実はこの二つは発明された国が違います。まずA判はドイツで、ノーベル化学賞を受賞されたオストワルド先生が考えたものです。面積が1平方メートルで、縦横の比率を1対ルート2(約1.41)になるような紙をA0と定め、そこから長い辺を半分に切っていくとA1、A2、A3・・・と小さくなっていきます。縦横の比率は常に1対ルート2に保たれます。
それに対して、B判は日本産の規格。江戸時代に使われていた「美濃判」という紙の寸法が元になっています。B0判の面積は1.5平方メートル。これも同じように縦横の比率は1対ルート2に決まっています。こうしてみると、どうやら日本産のB規格のほうが歴史が古そうで、これにはタケムラもちょっと嬉しくなってしまうわけですが、ただ国際的にはA判が主流で、1993年に日本政府も行政文書をA4に統一したことから、国内においてもA判が優位といったところでしょうか?
それにしても不思議ですね。日本とドイツ、遠く離れた国なのに、「1対ルート2」という比率が同じ!「1対ルート2」は人間の本能的な、究極の比率なのかもしれませんね。
さきほど「国際的にはA判が主流」と書きましたが、我が国ではA判とB判の両方が流通しているおかげで選択肢が広がって、目的・用途にぴったりの印刷物を作れる楽しさがあるんじゃないでしょうか?
さてさて、そこでタケムラが皆さまにお尋ねしたいのは、紙のサイズ選びをどのようにしていらっしゃるかということです。
例えば

・こんなツールはA3やB4を、あんなツールはA4やB5を使う!
・これを作るにはこのサイズがゼッタイ最適!
・サイズ選びに悩んだケース
などなど、皆さまの基準、こだわりがありましたらぜひ教えてください!どうぞお気軽に、コメント欄にお声をお寄せいただきたいと思います。お待ちしてます!



◎画像はクリックしていただくと拡大表示されます。

  • 投稿者:
  •  日時:
  •  カテゴリ: