デジタルカメラのRGBを印刷用のCMYKに変換しよう vol.2 ~印刷用画像補正(デジカメと画像ファイルの開け方)~

blog_title02.jpg

今日も昨日に引き続き、冨田課長による「デジタルカメラのRGBを印刷用のCMYKに変換しよう」をお送りします。今日からは、印刷用画像補正のやり方を伝授していただきます(^^)それでは、どうぞ!!!



●印刷用画像補正

 次に画像補正ですが細かく説明をすると終わらなくなりますので、誰にでもできる簡単な方法をアドビ社のフォトショップを使用し、下記の6項目に分けて連載します。

●デジカメ画像ファイルの開け方
●画像解像度変換と画像サイズ変換
●濃度・色調補正
●CMYK変換
●アンシャープマスク(USM)
●データ保存


●デジカメ画像ファイルの開け方
1-RGB埋め込みプロファイルを生かして画像を開く (図-1)
 (通常RGB画像ファイルにはプロファイルを埋め込みます。そして後工程の作業者はその埋め込まれたプロファイルを生かして画像を開くわけです。)


2-プロファイルが埋め込まれていない場合はsRGB、AdobeRGBのどちらか雰囲気の良い方を使う。(図-2)
(他人が撮影したものでプロファイルが埋め込まれていない場合は、モニター上で雰囲気の良い方のプロファイルで開けて下さい。


右の(図-3)は当社で使用しているフォトショップCS2のカラー設定です。バージョン6.0以降なら同じ設定にすることができます。(作業用スペースのJapanColor2001Coatedが無い場合はAdobe社のホームページ等で手に入れて下さい。)
色調補正もこの設定で行います。
同じようにカラー設定をしておいて下さい。



今日はここまで。次回は明後日(12/1)に「画像解像度変換と画像サイズ変換」の方法をお話します。

画像管理課  冨田


◎画像はクリックしていただくと拡大表示されます。



【過去の記事一覧】
「デジタルカメラのRGBを印刷用のCMYKに変換しよう vol.1 ~CMYKとは・RGBのプロファイル~」