印刷とモニターの色あわせ vol.3 ~Photoshop編~

blog_title.jpg

今日も引き続き、当社テクニカルスタッフ、画像のスペシャリストの冨田課長による印刷とモニターの色あわせをお送りします。今日と明日のテクニックは、ユーザーも多数いらっしゃるAdobe製品のカラー設定についてお話していただきます(^o^)vそれでは冨田課長、よろしく!!


(Adobe製品のカラー設定)

 それでは、最後の項目、Adobe製品のカラー設定についてです。印刷データ作成時によく使われるAdobe PhotoshopとIllustratorのカラー設定を行います。モニター調整が正しく表示されていても、アプリケーション側の設定が間違っていたら色の表示のされ方が変わってしまいます。まず、今日はPhotoshop編からおはなしします。


●Photoshop編

Photoshopはバージョン6.0以降をお使い下さい。
「編集」→「カラー設定」を呼び出し、右の画像を参考に設定します。(画像はMacOS、PhotoshopCS2のものです。)

【PhotoshopCS、CS2の場合】
設定:プリプレス用‐日本2
カラーマネージメントポリシー
RGB:埋め込まれたファイルの保持
CMYK:オフ
グレー:オフ

【Photoshop6.0、7.0の場合】
設定:プリプレス用-日本
作業用スペース
RGB:Adobe RGB(1998)
CMYK:Japan Color 2001 Coated(※)

カラーマネージメントポリシー
RGB:埋め込まれたファイルの保持
CMYK:オフ
グレー:オフ

※Japan Color 2001 CoatedはPhotoshop6.0、7.0には初期状態では装備されていません。ご自分でAdobeのホームページからダウンロードしていただく必要があります。
ダウンロードしたプロファイルは指定された場所に保存しないと機能しません。


(保存方法)
Mac OSの場合
Mac OS 9…システムフォルダ/ColorSyncプロファイル
Mac OS …Users/【ユーザー名】/Library/ColorSync/Profiles

Windowsの場合
XP…Windows\System32\Spool\Drivers\Color


今日はここまで。明日は、Illustrator編です。

画像管理課  冨田


◎画像はクリックしていただくと拡大表示されます。



【過去の記事一覧】
「印刷とモニターの色あわせ vol.1 ~環境光の整備~」

「印刷とモニターの色あわせ vol.2 ~モニター調整~」