店長のオススメ!フライヤー印刷

秋もたけなわ、学生の皆さんの中にはきっと学園祭の準備に忙しい方も多いと思います。学校の多い京都では前を通ると各校準備に忙しくされているようなカンジ。かく言う私もかつては学祭好きで、ぴあやLマガジン(懐かしい…)を見ながら、イロイロな学校に足を伸ばしたこともありました。最近はごぶさたしておりますが…
学祭に行くといつもイロイロな宣伝のフライヤーを数多くいただきますが、学生の皆さま、今年の宣伝用のフライヤーの印刷はコピーをご利用になりますか? それとも家庭用プリンタをお使いになりますか?実はもっといい方法があるんです。それは印刷通販!

いきなり価格のハナシで恐縮ですが、印刷に使われる三つの方法の料金比較をしてみました。
例:A4サイズ・両面1000枚の場合
  ☆< >は片面金額になります。
06_10_05NO_4.jpg

・コピー機(モノクロ) <1枚10円>
20,000円 <10,000円>

・カラーコピー機 <1枚30~80円>
約60,000~160,000円 <30,000~80,000円>

・家庭用インクジェットプリンタ <1枚20~50円>
約40,000~100,000円 <20,000~50,000円>

・印刷通販 <1枚約9~10円>
9,800円 <同金額>
 (コート90kg/4日納期/フライヤーキャンペーン価格適用時〔※1〕)

フルカラーの場合、コピー機と家庭用インクジェットプリンタではほぼ同等のコストになります。意外と高くつくんですね。ご自身で印刷用のデザイン原稿を制作できる環境をお持ちなら、当社で完全データでご入稿いただくと、格安なお値段でできちゃうんです。Officeのデータだったとしても、上記の仕様ならプラス1,500円(※2)するだけ。しかもオフセットの安定した印刷品質、どうでしょうか?

最近は学祭のフライヤーにおいてもオフセット印刷をご利用いただくことがとても多くなりました。4日納期でかつ発送を含めると入稿から商品到着まで問題なく進んだ場合においてもに通常約1週間ほどのお時間を要しますが、例えばコピー機ににつきっきりになって印刷を待つ手間や時間が解消できますし、その間に出し物の最終チェックとかできるかもしれません。また、コンビニでそんなことをしたら後ろに列ができてなんだかな~ってカンジになるかもしれません。また家庭用インクジェットプリンタだと一度に何千枚もプリントできないので、用紙切れのチェックも心配しなければなりません。そして何より、一度にそんな枚数をプリントすることを想定して作られていないので、機械のほうが先に悲鳴を上げちゃうかもしれません。

去年は時間がなかったけど今年はどうしようと迷っているデザイン担当のあなた!コピーよりももっときれいな印刷をご希望のあなた!!あのサークルや隣の部よりも差をつけたフライヤー印刷を作りませんか?印刷通販のご利用を是非是非ご検討ください!今回は宣伝チックになってスミマセンm(__)m

※1価格表はこちらよりご参照ください
 【A4・B5フライヤー印刷/コート90kg】
  http://www.graphic.jp/shop/syohin.php?ID=902
 【A4・B5フライヤー印刷】
  http://www.graphic.jp/shop/syohin.php?C=108


※2算出根拠:Officeデータ変換手数料として基本料金500円+(片面500円2)=1,500円
お客様のご都合による再入稿の場合、再度Windowsデータの変換処理・確認画像送信という手順が必要となりますので、データ変換処理料金等も再度必要になります。Officeデータによるご入稿については、以下のリンクもご参照ください。
  http://www.graphic.jp/technical/office_001.html