店長日記はじめます!

060925.jpgいつもお世話になります。GR@PHICオンラインストアの店長を勤めているタケムラと申します。
GR@PHICホームページをご覧の皆さまにはいつもBBSを通じてお世話になっております。
この度、当社ホームページよりブログを配信することとなりました。私自身ブログなんて書いたことがないのですが、印刷にまつわる様々な情報をはじめ、お役に立てる情報や、時には全然関係ないことなど、様々なことを配信してゆきたいと思っております。
どうぞ印刷通販のGR@PHIC同様にブログのGR@PHICもよろしくお願い申し上げますm(__)m

私自身、この印刷通販業務に携わってはや数年経とうとしておりますが、お客さまと相対する機会が多かったこともあり、いろいろなお客さまと出会うことができました。その中でもGR@PHICオープン当初よりご利用いただいているお客さまで私の中で特に印象深い方とのやりとりをご紹介しようと思います。

当社がまだオープンして間もなく、検索エンジンにもヒットしない頃、ひと目見てバンド活動をされている方とわかるお客さまが、よく持ち込み入稿にいらしていました。そのお客さまは、いつもぶっきらぼうな感じで
「これ、印刷して」
とデータの入ったメディアを差し出され、データチェックが終わるとやっぱりぶっきらぼうにお帰りになられます。細身でちょっとクールな、そんなお客さまでした。

ある日のこと、いつものように電話をとると、いつものそのお客さまの声。
「今からデータ持って行くけど、7時を少し過ぎるねんけど、かまへんか?」
とおっしゃいました。電話があった時刻は午後6時半、今は24時間でお客さまからのお問い合わせを受付しておりますが、当時はご来社の受付終了時刻が午後7時でギリギリです。その後お客さまをお待ちしていましたが、9時を過ぎてもいっこうにお見えになりません。携帯に電話しても電源が入っていないとのメッセージが流れるだけ。一体何があったのかと心配していると、10時頃に息を切らせて
「遅れてスンマセン、まだデータ見てもらえますか? ホンマ、遅れてゴメンナサイ」

いつもの感じとは違って、切羽詰まってとてもあわてた様子でした。テクニカルサポートスタッフにチェックのためにデータを渡し、その後問題がなかったので、いつものようにメディアとカンプをお返ししたところ、
「タケムラさん、ホンマにありがとうございます。これ、間に合わへんかったらマジやばかったんです。
 そうや、ウチらのメンバーも来てるので、是非あいさつさせてください!」
と私は外にひっぱり出され、後ろをついて行くとどこかで見たような人たちがいる…。
そうそう、いつも印刷依頼されるフライヤーに出ているメンバーさんやん!
そう思う私をよそに、そのお客さまは
「この人がいつも印刷でお世話になってるタケムラさんやねん」
と得意気に乗り付けたワンボックスカーの外にいたメンバーの方を紹介してくださいました。
私は特別なことをしたつもりもなかったので、恥ずかしい気持ちでいっぱいでしたが、以来、印刷で何かあると私に声を掛けていただくようになりました。今でも心に残っていて、お客さまと相対するときに、いつも思い出すエピソードの一つです。

とまあ、つらつらと書いちゃいましたが(^^ゞ
いろいろなことを書き留めてゆこうと思っておりますので、どうぞこれからもブログのGR@PHICもよろしくお願い申し上げます。